大阪青山の学生が、パートナー契約を結ぶガンバ大阪と連携して進める「GAMBA大阪連携プロジェクト」。
サービス・ラーニング – 学びを活かして地域に貢献する – の実践を主軸に、各学科の特色を活かしたさまざまな活動を予定しています。

11 月 30 日(土)、松本山雅FC 戦が行われるパナソニックスタジアム 吹田場外「Gパーク」にて本年度最初の活動となるブース出展を行いました。
学生らは朝 9 時頃から準備を始め、10 時頃からプログラムをスタート。会場には試合開始前の早い時間から多くのサポーターが詰めかけてくださり、大いに賑わいました。

ガンバ大阪連携プロジェクト2019 ガンバ大阪連携プロジェクト2019

今回は「骨密度測定」(大人対象)と「サッカーボウリング」(子ども対象)、二つのプログラムを企画し、実施しました。
今年度は一年次生ばかりのメンバーで、学外での行事やイベント参加の経験も少ない中、事前学習やゲームの考案からイベント当日の運営まで、皆懸命に取り組みました。

ガンバ大阪連携プロジェクト2019 ガンバ大阪連携プロジェクト2019

「骨密度測定」は、授業でも使う計測器を持ち込んで、管理栄養士をめざす健康栄養学科の学生たちが測定しました。
日頃なかなか知る機会のない自分の骨密度を測れるということもあり、多くのサポーターの皆さんに体験して頂くことができました。

ガンバ大阪連携プロジェクト2019 ガンバ大阪連携プロジェクト2019

「サッカーボウリング」は、未就学の小さな子どもたちと小学生とでレーンを分けて実施。難易度も変えましたが、小学生のレーンではピンに見立てたペットボトルが次々と勢いよく倒されていきます!

ガンバ大阪連携プロジェクト2019 ガンバ大阪連携プロジェクト2019

ガンバ大阪からご提供頂いたグッズの数々は、多くが選手のサイン入りという豪華なものばかり。ご参加くださった方々に景品として差し上げました。
「サッカーボウリング」では、スペア以上を出した方の中から抽選でプレゼントし、大いに盛り上がりました。

ガンバ大阪連携プロジェクト2019 ガンバ大阪連携プロジェクト2019

学生らにとっては何もかもが初めての経験でしたが、今回の気付きや反省点を生かし、次回はさらに充実した内容にしたいと意気込んでいます。
ご参加くださったサポーターの皆様、ご協力くださったガンバ大阪の皆様、ありがとうございました!

Communication

コミュニケーション