大阪青山大学は、サッカー J リーグ「ガンバ大阪」とスポンサー契約を結び、さまざまな連携活動を行っています。  その一つである「ガンバ応援弁当プロジェクト」が今年 3 年目を迎え、健康科学部 健康栄養学科の 3 年次学生を中心とした新メンバーのもと、第 3 回の活動がスタートしました。

GAMBA応援弁当

10月15日、最初の試作を行いました。

GAMBA応援弁当

 

 このプロジェクトは、オリジナルの観戦弁当を作ってサポーターと一緒にチームを応援するというもので、管理栄養士を目指す学生たちにとっては、おいしいだけでなく、見た目やコスト、栄養面にも気を配りながら限られた時間の中でお客様に満足して頂ける商品を作るという、プロ意識を育むには絶好の経験を積む場でもあります。

 過去 2 回の実施時と同じく、チームを訪ねてインタビューを行い、選手の方々から頂いた感想を献立に反映。地元の名産品を取り入れ、旬の食材もたっぷりの内容になる予定です。

GAMBA応援弁当

彩り豊かな食材をそろえました

GAMBA応援弁当

 

 
お弁当は、ホーム最終戦となる 11 月 17 日(日)、万博記念競技場に登場します。

今後もこのブログ上で、プロジェクトの進行状況を随時お伝えして行きます。

GAMBA応援弁当

最高のお弁当をご用意します!ご期待ください。

Communication

コミュニケーション