大阪青山の学生が、パートナー契約を結ぶガンバ大阪と連携して進める「GAMBA大阪連携プロジェクト」。
サービス・ラーニング – 学びを活かして地域に貢献する – の実践を主軸に、各学科の特色を活かしたさまざまな活動を予定しています。

11 月 24 日(土)、パナソニックスタジアム 吹田場外にて最初の活動となるブース出展を行いました。
会場には試合開始前の早い時間から多くのサポーターが詰めかけてくださり、大いに賑わいました。

ガンバ大阪連携プロジェクトガンバ大阪連携プロジェクト
左:「食べるあったかスープ」/右:「ガンバロンパン」

管理栄養士をめざす学生と、調理師をめざす学生が作る栄養たっぷりの具沢山スープ「食べるあったかスープ」と、パティシエールをめざす製菓コースの学生が作るサッカーボール型の「ガンバロンパン」。
当日、製菓コースの学生は、朝 4:30 に実習室に集合してパンを焼きました!
スープを担当する健康栄養学科の学生も 7:30 には登学し、野菜を刻むなどの下ごしらえに取りかかりました。
スープは、大学の実習室で刻み真空パックしたものを会場に持ち込み、その場で煮込んで味付けをしてできたてをご提供しました。
健康栄養学科の学生は、一連の調理工程を確認し、保健所から販売許可を得るプロセスにも携わりました。

ガンバ大阪連携プロジェクトガンバ大阪連携プロジェクト
クイズの問題をチェック

ガンバ大阪、大阪青山大学、そして栄養に関するクイズでは、全問正解者に抽選で選手のサイン入り愛用品をはじめとする豪華景品をプレゼント。ガンバ大阪のチームトリビアや、栄養の豆知識、大阪青山大学の地元ネタなどバラエティに富んだ内容で、スマートフォン片手に一生懸命調べながら回答するサポーターの姿も見られました。

ガンバ大阪連携プロジェクトガンバ大阪連携プロジェクト
大賑わいの大阪青山ブース

クイズ、販売ともに 11:00 にスタート。メロンパンは販売開始からわずか 15 分程度で 150 個が、スープも 1 時間足らずで 150 杯が完売しました!
クイズにも多数のご参加を頂き、全問正解者も次々と出て 12 時頃には終了。大忙しの 1 時間でした。

ガンバ大阪連携プロジェクトガンバ大阪連携プロジェクト
左:呼び込み中/右:参加学生で記念撮影

いずれの取り組みもサポーターの皆様にご好評頂き、盛況の内に終えることができました。
今回初めてとなる学科横断的なプロジェクトでしたが、学生自らが考えながら企画を進め、次回以降に繋がる貴重な経験となりました。

ガンバ大阪連携プロジェクトガンバ大阪連携プロジェクト
お子様たちの笑顔もたくさん見られました!(掲載には許可を得ています)

ご来場くださった皆様、ご協力くださったチームのみなさま、ありがとうございました!

Communication

コミュニケーション