食事や観光、研修を通してその土地の歴史、風土、芸術を肌で感じ、ヨーロッパの食文化についての理解を深める ヨーロッパ食文化研修。スペインでの研修を終え、いよいよパリへと入りました。
現地での様子をリポートします。

DAY6 / 2 月 16 日

シャルルドゴール空港より専用バスにてパリ市内を周遊しました。
心配された土曜日のデモの影響もなく、調理器具のお店が数件並ぶモンマルトルで 40 分ほどの自由行動。学生達は日本にはないような調理器具の品揃えに興味津々で店内を回っていました。

ヨーロッパ食文化研修2019ヨーロッパ食文化研修2019

ホテルはセーヌ川沿いのノボテルホテル。エッフェル塔も近くスーパーとも隣り合わせの好立地のホテルです。

ヨーロッパ食文化研修2019ヨーロッパ食文化研修2019

ヨーロッパ食文化研修2019

夕食はホテルからレストランまで皆で歩いて移動。エスカルゴを頂きました。
食べる前は苦手そうにしていた学生も、エスカルゴバターと一緒に口にしてみると美味しく食べることができたようです。
出発時間が近づいているので早くデザートを食べるようにと、添乗員さんに促されて夕食を終えました。

ヨーロッパ食文化研修2019ヨーロッパ食文化研修2019

ヨーロッパ食文化研修2019ヨーロッパ食文化研修2019

帰り道、建物が立ち並ぶ道から広場に出た瞬間、突然目の前にイルミネーションされている巨大なエッフェル塔が現れました。その存在は圧巻で、皆が感嘆してしまいました。
添乗員さんが食事を急いでいたのはこのためだったのだと、その時初めて気がつきました。

ヨーロッパ食文化研修2019

写真には写りきらないエッフェル塔の姿をいつまでも、しっかりと心の中に刻んでおきたいと強く思いました。

Communication

コミュニケーション