【珈琲の基礎知識】調理製菓学科 学生レポート #37

こんにちは、調理製菓学科 調理コースの 2 年生です!
今回の授業では、外来講師の先生にお越しいただき珈琲の基礎知識を教えていただきました!

珈琲豆の種類や収穫、焙煎のことから始まり、珈琲の味に変化をつけるのはどうすればいいか、
淹れ方の種類
について教えてもらいました。
 
今回教えてもらった珈琲の淹れ方は 3 種類(ドリップ・サイフォン・エスプレッソ)
その後ドリップとエスプレッソを実際に自分たちで淹れてみました!

↑ドリップで淹れる様子
ドリッパーを、3 つ穴の「カリタ」と 1 つ穴の「ハリオ」の二種類使用し、飲み比べをしました!

湯を注ぐ速度がゆっくりだと濃い珈琲ができ、早いものはさっぱりとした飲みやすい珈琲ができました。
珈琲の味や苦みを楽しみたい人は、ゆっくり淹れるのをオススメします!

 
そして次はエスプレッソ。エスプレッソマシンの使い方を教えてもらいました!
珈琲の粉をプレスし、マシンにセットします。

エスプレッソが注がれたカップに、ふわふわにしたミルク(スチームミルク)をそっと入れます。
この時、初めは離した所から入れ、徐々にカップに近づけていくことがコツみたいです。

エスプレッソはとても苦かったですが、
カフェラテ(スチームミルクを入れたもの)は、飲みやすくておいしかったです!


ページトップへ