インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 8 / 2 月 20 日(火)

8 日目は、研修旅行最終日です。今日は、この研修旅行最大の目的である「ル・コルドン・ブルー」フランス本校での料理実習体験の日です。

フランス人シェフ講師から直々に習えるなんて、料理人やパティシエを目指す学生にとっては、この上ない喜びです!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
一言も聴き漏らすまいと熱心にメモをとる学生たち。

今回の実習で作った料理は、デザートを加えて 3 品。料理法や盛り付けなど学ぶことはたくさんありました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
そして、美味しかったです!

最後は、修了証を持って、恒例の記念撮影です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ最終日で、パリ最終日のディナーは、人気の老舗レストラン「ル・トラン・ブルー」にて。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
眼下には、リヨン駅のプラットフォームが見えます。もともとは、ここから旅立つ人のための食堂でした。

創業 100 年を誇る老舗。正統派のフレンチを体験しました。チーズのセレクションも圧巻です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
名物のラム肉のローストもいただきました(写真左)。お腹も気分も大満足です!

入った瞬間から、豪華絢爛なバロック様式の空間に圧倒されます。天井や壁にかけられた風景画が、当時の旅を彷彿とさせるようです。映画のロケ場所としても何度も登場しますが、やはり有名なのは、ココ・シャネルが頻繁に訪れていたということでしょうか。ベル・エポックのスタイリッシュな世界を肌で感じることができます。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

わずか 10 日間ではありましたが、ヨーロッパの歴史と伝統を肌で感じながらの体験は、貴重な時間になりました。この経験を、これからの未来に生かしていくことを切に願います。お疲れさまでした。

Communication

コミュニケーション