インターネットやテレビで見たり聞いたりするだけでなく、実際に現地へ足を運び、その土地の空気、歴史、風土、芸術を肌で感じ、食事や観光、研修を通してヨーロッパの食文化についての理解を深めることを目的に行われる、 ヨーロッパ食文化研修
2018 年は、イタリア・フィレンツェとフランス・パリを巡る 10 日間の日程で行われます。
出発から帰国までの様子を、順を追ってリポートします!

DAY 4 / 2 月 16 日(金)

4 日目は、フィレンツェを離れ、一路パリへ向かいます。短い滞在でしたが、充実した時間を過ごせました!

最後のフィレンツェでの朝食です。しっかり舌に記憶しておきます!
ヨーロッパ食文化研修2018

朝 9 時 45 分発のエール・フランス航空で一路パリへ!11 時 35 分にはパリへ到着しました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
EU 内の移動なので、小さなサイズで、タラップで機内へ入りま〜す!

到着後は、すぐ市内観光へ。普段この時期はとても寒いパリですが、到着日はとても暖かく天気にも恵まれました。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
パリといえば、やっぱり “ 凱旋門 ” と “ エッフェル塔 ” ですね。ネットやテレビで見るのとは大違い!やはり、自分の目で実際に見る。その時の気持ちを味わうこと。それが大切なのだと思います。

アルジェリアの TV スタッフに遭遇!一緒に記念写真を撮りました!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
こんなハプニングも、旅の醍醐味です!

夕食は、ルーブル美術館近く、サント・ノーレのレストランで、エスカルゴの食体験です!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

学生たちは、本場での初めてのエスカルゴに、さまざまな反応を見せていたとか。詳しい感想は帰国後のお楽しみ!
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018

エスカルゴ以外に、サーモンのムニエルと洋梨のチョコレートソースをいただきました。
ヨーロッパ食文化研修2018 ヨーロッパ食文化研修2018
パリの初日は、あっという間に過ぎました!

Communication

コミュニケーション