進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 子ども教育学科 2 年次生対象に行われた就職セミナーの様子をご紹介します。

「自己理解について」

・日時:2017 年 11 月 21 日(火)
・対象:大学 健康科学部 子ども教育学科 2 年次生
・講師:株式会社 I・CAN 津村 朗子 先生

自分の強みってすぐに思いつきますか?? 自己 PRって言えるかな?? うーん …。短所は結構思いつくけど長所は分からない人が多い。
そんな時に強い味方、“ たいやきカード ”(短所を長所に変えたいやき)の登場です。
就職セミナー 就職セミナー

裏の焦げ焦げたいやき面には短所が書いてあります。焦げ面の短所をまずは選びます。そしてひっくり返すと長所に言い替えた言葉が …。
そしてたいやきも丁度良い焼き色に変わっています。「えー!こんな風に言ってもいいんやわ。」「なんかカードにほめられたみたい。」「なるほど ..や。」なんて声が聞こえてきます。
自分の長所に気付いたら、その長所を発揮できたシーンを思い出してみましょう。自己理解ワーク、文章作成に挑戦です。文章の鉄板ルールも習得し、2 年次とは思えないクオリティの文章が出来上がった学生さんもいました。
就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー
最後に自分を何かに例えたら?野菜、電化製品、動物…。それは何故?の問題にも挑戦し、自分を見つめ直す自己分析の練習になりました。

最後に先生が仰った言葉は、「決して主役やヒーローにならなくてもいい。脇役でも何かに頑張った経験が大事です。頑張った経験があればそこから結果は生まれます。自分が頑張った経験が自己 PR の強みに繋がります。これから何かに頑張った経験を沢山してくださいね。」大学生活まだまだ半分以上あります。頑張れる何かを見つけられたら、この言葉を思い出してくださいね。

[進路支援センター 就職課]

Communication

コミュニケーション