進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 子ども教育学科 3 年次生対象に行われた就職セミナーの様子をご紹介します。

「課題発見・問題解決能力とは」

・日時:2017 年 11 月 15 日(水)
・対象:大学 健康科学部 子ども教育学科 3 年次生
・講師:株式会社 I・CAN 浜口 桂 先生

アイスブレイクで行ったバスのクイズ。思い込みがトラップのクイズに引っかからず、しっかりと話を聞いていて正解した学生さんに「おーっ」と歓声が上がりました。
セミナー本題のテーマでは「つるのおんがえし」の絵本を用いて理想のゴール設定と現状のギャップ、それを解決するソリューションを学びました。
就職セミナー 就職セミナー

グループで絵本を代表者が読み聞かせします。慣れた手つき、抑揚をつけた読み聞かせは専門分野の学びを活かせられた時間でした。まずは “ 物語の最後をハッピーにするには? ” をグループワークで考えます。さすが子ども教育学科の学生さん、模造紙に文字だけでなく速攻で挿絵やイラストをどんどん描いている姿が印象的でした。ゴールを決めたらその過程を組み立てなければなりません。遡って物語のシナリオを考えます。問題は解決策を見つけるのではなく理想の形とのギャップをどのように解決するのかが大事。視点を変えてみるのも大切です。
就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

色々な「つるのおんがえし」のストーリーに独創性があり、「今日の発表内容を小学校の題材に使用したい」と講師の先生から申し入れもありました。
就職セミナー 就職セミナー

目の前に課題や問題が見えた時、理想の状況に向けて現状をどうしたら良いのか?を冷静に考えられるように学べた時間でした。

[進路支援センター 就職課]

Communication

コミュニケーション