スポンサー契約を結ぶガンバ大阪と、管理栄養士を目指す健康栄養学科の学生とのコラボレーション企画「ガンバ応援弁当プロジェクト」。約 4 ヶ月の準備期間を経て 3 月 17 日(日)、いよいよ販売の時を迎えました!

 昨年 11 月より、メニューの検討、試作、選手インタビュー、パッケージのデザイン・制作等、すべてに全力で取り組んで完成させた「GAMBA大阪 ぶっちぎり弁当」。この日行われた横浜 FC との試合に先駆け、万博記念競技場「美味G横町」にて、限定 100 個で販売しました。

13
 左:会場で設営作業を行う学生たち 右:整理券配付にも長い列

54
 左:到着したお弁当 右:販売にはさらに長い列

 お弁当製作担当の学生たちは、朝 7 時台から大学の実習室に集まって調理を開始。仕上がったお弁当は箕面のキャンパスからすぐに万博競技場へと運ばれ、出来立てほやほやの状態でお客様に提供されました。

67
左:包み紙やお箸袋などもすべてオリジナル 右:気になる中身は …

 小さなお子様からご年配の方までどんな人にも楽しんで頂けるお弁当を、という目的の通り、幅広い層の方々にご購入頂き、販売開始 30 分で、全部が売り切れとなりました※整理券引換待ちの 2 個を除く

 学生たちは、1 つのお弁当を完成させるまでに、栄養価のことはもちろん、コストや作業効率、販売の段取り、多くの方に喜んで頂けるテーマの設定やそれを伝えるパッケージなど、多くのことについて考え、試行錯誤を繰り返してきました。管理栄養士として社会に出ても必ず必要になって来るであろうそれらのことを、楽しみながら学べた貴重な経験となりました。

8
 お買い求めくださった皆様、ガンバ大阪の皆様、ありがとうございました!

Communication

コミュニケーション