箕面市主催のイベントが下記のとおり実施され、本学の学生及び教職員が、各イベントに応援参加しました

【イベント名】
1. 第 42 回箕面市農業祭
2. 第 7 回箕面食育フェア
【開催日】
  平成 29 年 11 月 25 日(土)
【会 場】
  芦原公園及びメープルホール(小ホール)

1. 第 42 回箕面市農業祭では、「2017 みのおアイディアメニューコンテスト」の入賞者表彰式が行われ、審査委員長を務めた大阪青山大学 健康科学部 健康栄養学科の藤原 政嘉 教授が、コンテストの講評をしました。
箕面市農業祭箕面市農業祭箕面市農業祭箕面市農業祭
「いずれも甲乙つけがたいすばらしい作品でした。特に、2 次審査の調理審査では、その日に台風が通過するという最悪のコンディションにもかかわらず、全員が熱心に調理に取り組み、力作が出来上がったのが印象的でした。コンテストなので、得点に多少の違いがでましたが、全作品が優秀賞です。これを契機に、親御さんも含めご家庭でも、大いに “ 食べる ” ということの重要性に興味を持ち続けていただきたいと思います。」と結びました。

2. 第 7 回箕面食育フェアでは、「食事相談」「紙芝居・エプロンシアター」のコーナーの運営に従事しました。
<食事相談>SATシステム(フードモデルを使って、栄養バランス等を測定する装置。測定結果を数字で表示するだけでなく、評価が分かりやすいよう☆の数で表示するシステム)による食事相談コーナーを、健康栄養学科の教員と学生が担当しました。多くの皆様が “ ☆ 5 つ ” を目指し、何をどれだけ食べればバランスの良い食事になるのか、楽しみながらも真剣に取り組んでおられました。
食育相談食育相談食育相談

<紙芝居・エプロンシアター>小さいお子様を対象に「食育」をテーマとして、紙芝居『野菜村の村長さんはだあれ?』と、エプロンシアター『グリーンマントのピーマンマン』を、大阪青山大学子ども教育学科の学生が上演しました。初めは何が始まるのかいぶかしそうにしていた子供たちも、学生が歌ったり振りを入れたりすると、楽しそうに見入っていました。「みんなは野菜が好きかな?」の問いかけに、「ハーイ!」という元気な声とともに、次々に小さな手が挙がりました。
紙芝居紙芝居紙芝居紙芝居
管理栄養士を目指す健康栄養学科の学生にとっても、また小・幼教諭や保育士を目指す子ども教育学科の学生にとっても、現場の実習として良い経験になったことかと思います。ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。

<ラジオ生出演>健康栄養学科の鍛冶 晃子 助教が、農業祭の様子を伝える地元の FM ラジオ番組に生出演。
食育フェアについて話しました。
みのおエフエムみのおエフエム

Communication

コミュニケーション