大阪青山大学・大阪青山短期大学は、サッカー J リーグ「ガンバ大阪」とスポンサー契約を結び、さまざまな連携活動を行っています。その一つである「ガンバ応援弁当プロジェクト」が、健康科学部 健康栄養学科の 3 年次学生を中心に、現在順調に進行中です。

 このプロジェクトは、オリジナルの観戦弁当を作ってサポーターと一緒にチームを応援するという目的で 2011 年度にスタートしたもの。おいしいだけでなく、減塩など栄養の面にも気を配った管理栄養士養成課程ならではのオリジナル弁当は、地元の名産品を取り入れ、旬の食材もたっぷり。試合開催日のスタジアムで販売します。

12
 何度も試作に取り組み、メニューの改善を重ねています

 1 月 28 日(月)には、学生の代表 4 名がガンバ大阪のクラブハウスを訪問。スタッフの皆様のご協力のもと、練習の合間をぬって集まってくださった加地 亮 選手、木村 敦志 選手、田尻 健 選手に、学内での試食・メニュー検討を経て完成した試作を召し上がっていただきました。

4c3
 選手の方々にお弁当の説明(左) 今回ご提供した試作(右)

 さらに、3 選手には、好きな食事や試合前の食事など、食べ物に関する質問を用意してインタビューを実施。聞き取った内容は、今後のメニュー改良の参考とさせていただきます。

8c7c
 写真奥から木村 選手、田尻 選手、加地 選手・・・試食中

 学生たちはこれから 1 ヶ月かけて試作を重ね、同時に、パッケージデザイン・制作等の最終段階に入ります。
 お弁当は、3 月 17 日(日)、大阪府吹田市の万博記念競技場で行われる横浜 FC 戦試合開始前に、競技場外テントにて販売予定。販売時間や詳しい場所は、決まり次第こちらのブログからも随時発信して行きます。
 続編にご期待ください!

9c
完成品を、楽しみにお待ちください !!

Communication

コミュニケーション