7 月 18 日(火)、2016 年度「GAMBA大阪応援弁当プロジェクト」各セクションのリーダー 5 名が集まって、5 月 20 日(土)のお弁当提供をもって終了したプロジェクトの実施報告を行いました。

GAMBA大阪応援弁当GAMBA大阪応援弁当

選手インタビューなどでたびたび訪れた市立吹田サッカースタジアム内のオフィスを訪問。
始動当初よりプロジェクトを見守ってくださった営業部の伊藤部長より、総括のお話を頂きました。
お弁当は、ボリューム満点でとてもおいしかったと高評価。
今回はサポーターの皆様に提供するという立場でしたが、買って食べる側だったら自分たちのお弁当をどう評価しますか …??
お客様目線で考える機会を得るためにも、次はぜひスタジアムに試合を観に来てください、とユーモアを交えながら、素直な気持ちで色々な立場を経験できる学生の今だからこそ沢山のことに挑戦して広く多角的な視野を養うことの重要性を伝えてくださいました。

お弁当提供当日の様子は こちら

提供したお弁当(写真は試作)

GAMBA大阪応援弁当

続いて学生からの報告です。
調理やパッケージなど、それぞれ担当したセクションごとに、気づきや反省点、フィードバックの内容や今後に繋げたいことを発表しました。
プロジェクトを進める中で自ら気づいたことに加え、お客様がアンケートに書いてくださった様々な感想が、自分たちに無かった新たな視点やアイディアをもたらす大変貴重なデータとなりました。
各種の制約をクリアしながら少しでも多くの希望・要望を実現し、たくさんの人に喜んで頂けるものを作り上げることの楽しさと難しさを体験できたことが、大きな糧になったと述べました。

GAMBA大阪応援弁当GAMBA大阪応援弁当

発表後、チーム側の窓口としてここまで二人三脚でプロジェクトを進めて来てくださったスタッフの方からも、様々な感想・ご質問を頂きました。
ネガティブな意見ほど大事にし、改善のきっかけにしてほしい。
世の中に出ているものの一つひとつに、そこに至るまでの過程と背景があり、多くの人が関わっている、まさにそのプロセスを体感する貴重な経験ができたのではないか、とのお話に、学生らは頷きながら熱心に耳を傾けていました。

今年度のプロジェクトはこれで終了ですが、間もなく 2017 年度のプロジェクトが始まります。
今回得た経験を、まずは後輩たちに伝えるという重要な仕事が待っています。
次のプロジェクトにも、ぜひご期待ください!

GAMBA大阪応援弁当

チームスタッフの皆様、選手の皆様、本当にありがとうございました!

Communication

コミュニケーション