大阪青山大学では、連携協定を結ぶ兵庫県川西市の委託を受け、“ 川西の特産品を使い食で地域活性 ” を目標に、「川西の新名産」の開発に取り組んできました。これまで、「季節弁当」、「屯喰弁当」、「川西コロッケ(猪みそコロッケとフィグロッケの 2 種)」等を開発してきましたが、新商品として、いちじくカレーが完成しました。

 その名も『壱熟咖○(哩の右側に厂)』(いちじゅくかれー)。

 「エッ!カレーにいちじく… ?」と、いぶかしがる方がおられるかもわかりません。しかし、実際に口にしてみると、いちじくがその存在を主張しすぎることなく、いちじくを入れたからこそ出し得た、独特のまろやかさと風味を醸しています。

いちぢく_1
国産の牛ミンチと玉ねぎをたっぷり使用。レトルトパウチ 1 人前/200g です

 「中辛」となっていますが、辛い物が苦手な方やお子様でも、喜んで食べていただけるマイルドな仕上がりです。また、辛い物が好きという方には、辛さを調節できる辛味スパイスが付いています。
 10 月 24 日(水)には川西市役所で、大塩民生 川西市長や副市長をはじめ市職員の皆様による試食が行われ、皆様から「これはウマい!また新たに素晴らしい特産品が出来た。」と “ お墨付き ” をいただきました。
 11 月 4 日(日)実施の黒川まつりでデビューした後、川西市内の酒類販売店や「特産マーケット 来個(ここ)かわにし」、「スーパーマーケット ハッピー川西」等で販売される予定です。
 同じく川西市に位置する本学の「大阪青山歴史文学博物館」でも販売する予定です。
 この特産品は、販売者の川西市商工会 × 川西市 × 大阪青山大学という「産・官・学」の連携によって出来上がったものです。どうぞ皆様も是非ご賞味ください。

いちぢく_2
 大塩民生市長「おいしいな ~!」

いちぢく_3
 「是非一度、ご賞味ください。」

Communication

コミュニケーション