大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部では、本学の擁する研究分野や大阪青山歴史文学博物館の豊富な資料を活かし、多彩なテーマで「公開講座」を開講しています。
本年度前期は、学園創立 50 周年を記念した特別講座を含む 8 講座を開講。
去る 6 月 24 日(土)、全体として第 2 回、50 周年記念講座として第 1 回目となる講座を、箕面キャンパスの製菓実習室にて実施しました。
その様子をレポートします。

「流行のお菓子の変遷」

・実施日時:2017 年 6 月 24 日(土)13:30 〜
・講  師:藪口 恭巨(大阪青山大学短期大学部 調理製菓学科 准教授)
・開催場所:本学箕面キャンパス 2 号館 製菓実習室
・参加人数:20 名

講師の藪口 恭巨 准教授が、お菓子作りの実演・講義を行いました。
配布したレシピを説明しながら「パンナコッタ」「ティラミス」「マカロン」3 種の製作を実演。
我が国における、洋菓子の流行の移り変わりの話を織り交ぜながらのお菓子作りを、皆さん熱心に見学されました。

公開講座公開講座
写真右:実習室に備え付けられたプロ仕様のオーブンを見学

最後に、紅茶を飲みながら出来上がったお菓子の試食を楽しみました。
アンケートをとりましたが、「楽しかった」「家でも早速作ってみる」など一様に高評価であり、大いに満足いただけた講座となりました。

公開講座公開講座
写真左:右上から時計回りに「ティラミス」「マカロン」「パンナコッタ」

[地域連携課]

Communication

コミュニケーション