5 月 30 日(水)教養ミニ講座シリーズ 第 2 回講義
心とからだのほぐれる手遊び(小林 みどり 先生)

 教養ミニ講座第 2 回目は、机を端に寄せて、いつもと少し雰囲気の違う学習支援室で行われました。

 今回の講座のねらいは「手遊びは何のためにするの?」を理解するということも含まれていました。
 日頃、幼稚園や保育所で子どもたちを静かにさせるため、次の指示を聴かせるために手遊びを、と考えていた学生も少なくなかったようでした。
 タイトルにある通り、手遊びは「心とからだをほぐす」もの。
 体の使い方、体への意識についても説明を受けました。

 真剣な表情で話を聴いていた学生たちも、実際に手遊びを始めると表情が徐々に変化していきました。小さく静かな動きから、大きく激しい動きへ変わっていくとともに、表情もよりイキイキとしていきます。
 大変盛り上がり、通りがかった学生が
「手遊びって聞いてたけど、すごく激しい動きをしている!?」
 と驚くほど。

教養ミニシリーズ
 教室が熱気に包まれるほどの盛り上がり!

 事前に予約をしてくれた学生の他、5 限目にも関わらず飛び入りで参加してくれた学生もいて、盛況の内に今回のミニ講座は終了しました。手遊びがぎっしりと詰められた資料をお土産に、学生たちの満足そうな顔が見られて何よりでした。

Communication

コミュニケーション