5 月 29 日(火)
教養ミニ講座シリーズ 第 1 回講義「新茶を味わう(東根 裕子 先生)

「夏も近づく八十八夜 …」と唄われている新茶の季節です。
「八十八夜っていつの頃か、ご存知ですか」という先生の問いかけから、教養ミニ講座第一回目が始まりました。
 答えは「立春から数えて 87 日後の 5 月 1 ~ 3 日くらい」です。ちなみに、八十八夜に新茶を飲めば、長生きするとか …。

 今やお茶はペットボトルで飲む人も多いのですが、今日は先生が急須で新茶を入れてくださいました。お茶の製法の話、そしてお茶のいれ方を教えて 頂きましたが、受講生(学生 8 名、教員 2 名)一同、何と言っても新茶の美味しさにびっくりしました。
 香りといい、その色といい …。素晴らしい …。

教養ミニシリーズ教養ミニシリーズ
新茶について説明を受ける受講生(左) 味はもちろん、色と香りを楽しみました!(右)
 

 昼休みのひととき、授業では得られない知識に触れ、大満足でした。一度、教えていただいた水出しの新茶に挑戦してみようと思います。
 ありがとうございました。(受講生)

Communication

コミュニケーション