大阪青山大学・大阪青山短期大学は、サッカー J リーグ GAMBA 大阪とスポンサー契約を結び、さまざまな連携活動を行っています。
 「GAMBA 弁当プロジェクト」は、今年から新たにスタートした取り組みの一つで、健康科学部 健康栄養学科の 3 年次学生を中心に、オリジナルの観戦弁当を作ろうというものです。

 学内でのアンケートや選手への聞き取りなどを経てメニューを考え、試作を繰り返しながら改善を重ねてきました。

GAMBA 大阪 コラボ弁当GAMBA 大阪 コラボ弁当
 学内の実習室での試作の様子

 8 月には GAMBA 大阪を訪問し、選手インタビューを行いました。加地 亮 選手、木村 敦志 選手、下平 匠 選手に、好きな食べ物や思い出の味など、食にまつわるさまざまなお話をきかせていただきました。

GAMBA 大阪 コラボ弁当 GAMBA 大阪 コラボ弁当
 試合前に食べるものは?など、色々な質問に答えていただきました

 さらに 10 月には、インタビューの内容の一部を反映した最新メニューのお弁当を携えふたたび GAMBA 大阪へ。前回と同じく、加地 選手、木村 選手、下平 選手、そして事務所のスタッフの皆様のご協力のもと、試食会を行いました。
 ご用意したのは「和食弁当」と「洋食弁当」。感想、要望、お褒めの言葉など、貴重なご意見をたくさんいただきました。

GAMBA 大阪 コラボ弁当 GAMBA 大阪 コラボ弁当
 さまざまな意見が飛び交いました

 完成したお弁当は、11 月 26 日(土)、大阪府吹田市の万博記念競技場で行われるベガルタ仙台戦試合開始前に、競技場外テントにて販売します。
 現在、学生たちは担当ごとに分かれ、パッケージ等も含めた最終調整の段階に入っています。全メニューの完成も間近なコラボ弁当プロジェクト。続編をご期待ください!

Communication

コミュニケーション