進路支援センター 就職課では、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、昨年 11 月に行われた 2 つの対策講座の様子をご紹介します。

1. 自己分析(自己 PR・自己紹介をしてみよう)

・日時:2016 年 11 月 9 日(水)
・対象:子ども教育学科 3 年次生
・講師:釜谷 佳子 先生

自分を振り返る、自分を知るって難しそう … と思いますが、「短所を長所に変えたい焼きカード」を使って楽しみながら自分の長所 → 経験、具体例を振り返ることができました。
短所のキーワードを探して体験を話します。
周りは興味津々、そしてそのカードをひっくり返すと長所のキーワードが。
「それってこんな風に言い換えできるよ」と言ってくれているようなカードです。
「長所なんて一つもない。」といっていた学生さんも「私にも長所があったんだ … 。」「めっちゃ嬉しい!!」など、みんな思わず笑顔がこぼれていました。
これから自分の長所をたくさん PR して、良い所をどんどん知ってもらえますように。

就職支援セミナー就職支援セミナー

就職支援セミナー就職支援セミナー

2. コミュニケーション力

・日時:2016 年 11 月 9 日(水)
・対象:健康栄養学科1 年次生
・講師:濱口 桂 先生

就職支援セミナー就職支援セミナー

2 つのミニワーク「戦う相手を選ぶなら馬サイズのヒヨコ 1 匹とヒヨコサイズの馬 100 頭、どちらを選びますか?」「グループの共通点を 50 個以上見つけよう」のあと、コミュニケーション力がなければ完成できない濱口先生考案の「村の案内図」ワークを行いました。
かぐや姫、桃太郎、浦島太郎やお岩さん、お菊さんの幽霊も村の住人です。
みんながそれぞれの情報カードを見せずに伝えて座席図を完成させます。
そして大小のトラップも仕掛けてあり、そこに気づくかが肝心。
講師の先生が考案されて、他大学有名国立大学、社会人のセミナー含めての今までの完成記録が 45 分でしたが、なんと!本学の最短記録は 10 分台!
情報カードを読む回数も 1 ~ 2 回でコミュニケーションロスが殆んどない状態。お見事でした。
最長は 1 時間かかりましたが … 。
ワイワイガヤガヤしているが情報の出し手が適当にはしょり、聞き手も確認せずにあいまいに進めていく。
情報の矛盾が発生しにっちもさっちもいかなくなる … 。
時間切れでも最後までやりたいという気持ちから、特別に講師の先生が残業を申し出てくださり、一からやり直し 15 分で完成。
アンケートには「次回は最速でやる!!」あきらめない気持ち忘れないでほしいです。

就職支援セミナー就職支援セミナー

就職支援セミナー就職支援セミナー

就職支援セミナー就職支援セミナー

[進路支援センター・就職課]

Communication

コミュニケーション