今年度、設置 4 年目を迎え初めて 4 学年が揃った健康こども学科で、初の教育・保育実習の体験報告会が開催されました。2 年生の幼稚園での基礎実習から始まり、保育所での実習、施設での実習、最後は小学校での教育実習の報告がありました。

健康こども学科

 一日の流れの紹介や、実習前期間にわたる流れ、事前に準備しておいてよかったこと、課題として残ったことなどが発表されました。

健康こども学科健康こども学科

・「やはり、挨拶は基本だ」
・「常に子どもの安全への配慮が必要ということを痛感した」
・「子どもだけでなく保護者と話をすることも重要だ」といった実感や、
・「名前は早く覚えよう」
・「同じ言葉かけにならないようにボキャブラリーを日頃から増やそう」
・「指導案を書くだけではなく、事前の練習やシミュレーションが大事」
・「手遊びや読み聞かせのレパートリーを増やしておく」といった反省点、
 さらには、
・「謙虚な気持ちとチャレンジする積極的な気持ちの両方が必要」
・「実習はしんどいけれど取り組む価値がある。あきらめないで学んでいこう」というエールが送られました。

健康こども学科健康こども学科

 最後に学科長から、
・「常に目的意識を持って行動しよう」
・「現実から学ぼう」
・「もっと自分を見つめよう」というお話の後、
「実習は進路を拓くベースの一つ、どう生きるかを併せて考えよう」という提言がなされました。

健康こども学科

Communication

コミュニケーション