キャリアデザインでは、毎回、学科長による “ 良い人生を送るための講義 ” があります。
 前期は「仕事力」というテーマで、社会に出て働くということはどういうことであるか、人生の一つの柱としての「仕事」に対する心構えなどについて触れてもらっています。学科長のコーナーはこの授業の「名物」。学生も熱心にメモを取っており、講話が終わると拍手が起こります。

キャリア支援教育

 また先日は、「これまでの人生は、良い意味でも悪い意味でも、決して一人で生きてきたわけではない」ことを知る「人生ライン」というエクササイズに挑戦しました。重いテーマの取り組みですが「人生の谷から上に上がるときにはどんなことをしてきたか、どんな人が支えてきてくれたか」を中心に、グループごとに「無理はしないが、精一杯」の約束で自己開示して発表しました。聞く側も話す側も真剣そのもの、発表の後は気持ちを語り合うシェアリングで、感じたことや思ったことを共有しました。

キャリア支援教育キャリア支援教育

Communication

コミュニケーション