10 月 25 日(火)、大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部 後期公開講座の第一回「写メ俳句で “ 心トレ ” しませんか」が開講されました。
写メ俳句とは、携帯電話などで撮った写真と俳句とのコラボレーションから生み出された作品のことです。
大阪青山大学 共通教育センターの三木 慰子 教授が講師を務めました。

受講生の皆様はまず、準備運動として心のトレーニング “ 心トレ ” をされました。即ち、写真をもとに台詞やタイトルを考えたり、俳句から想像できる絵を描くなどしてから、実際に写メ俳句の作成に取り組まれました。
また、大学の「日本語I」、短期大学部の「文章表現法」といった授業の中で、1 年次生全員で作った写メ俳句作品も鑑賞されました。

公開講座 写メ俳句公開講座 写メ俳句
俳句から想像できる情景について考える受講生の方々。さまざまなイメージが浮かんだようです。

今回の写メ俳句作成の題材となったのは、本学正門からつづく坂と木々の緑、登り切った先にのぞく校舎の写真です。
皆さん積極的に参加され、互いに感想を述べ合われました。
良い “ 心トレ ” から良い作品が生み出されたのでは、と三木 教授。
以下に作品をご紹介します。

公開講座 写メ俳句

受講生の方々の作品

  • 青学に 我が青春の日 よみがえる
  • 写メ俳句 学びに行くよ 楽しみに
  • 後ろ盾 白い校舎に 青い空
  • あと少し 青空の声に 歩が進み
  • 坂道を 登り切ったよ この年で
  • 講演会 坂道上って 息切れし

 

最後に 30 日(日)に開催される本学の 大学祭 について、当日、三木教授が顧問をしている写真サークルが行う写真展の中で、1 年次生が授業で作った写メ俳句作品の写真も展示され、その写真にタイトルをつける企画も行うため、ぜひご参加くださいとのご案内もありました。

受講生の方々からは「リフレッシュでき、楽しい 90 分でした」「とっつきにくい俳句ですが、写真と合わせることで楽しむ幅が広がりました」「今後はもっと景色や季節の変化を気にかけながら、これからも楽しく過ごして行きたいです」といった感想が寄せられました。
受講くださった皆様、ありがとうございました!

 

 

学生の「写メ俳句」作品紹介は こちら

Communication

コミュニケーション