健康こども学科の学生が履修する「ボランティア論」を通しての取り組みを、大阪ユニセフ協会の季刊広報誌『ユニセフ大阪通信』(Vol.11 No.42/2011 年 4 月 15 日発行)に紹介させて頂きました。

「ボランティア論」の授業では、担当教員(深尾 幸市 大阪青山大学客員教授)と学生がユニセフの支部を訪問して活動状況を伺い、実際の作業にも参加させてもらっています。

ボランティア論

スタッフの皆様の丁寧な対応にいつも感謝しながら、世界地図の作成、ポスター貼り、パソコン入力などを行う学生たち。
世界の子どもたちの役に立ちたいという意欲に満ちています。
今後も協会のご協力のもと、活溌な取り組みを継続させていきたい考えです。

深尾 幸市 [大阪青山大学客員教授]

Communication

コミュニケーション