大阪青山大学の指定強化クラブ「女子ソフトボール部」が、近畿地区代表として「第 51 回全日本大学女子ソフトボール選手権大会」に出場しました。
その功績を讃えられ、このたび、箕面市長から表彰を受けることとなりました。
9 月 2 日(金)、市長表敬訪問という形で市役所を訪れた服部 イツ子 監督と部員 25 名。
倉田 哲郎 市長および具田 利男 教育長と面会し、表彰状と報奨金を受け取りました。

WSB_1WSB_2
表彰状、報奨金をキャプテン、副キャプテン(2 名)がそれぞれ代表して受け取りました。

授与式の後は、市長、教育長との歓談の時間が持たれ、クラブの活動報告を行いました。
倉田 市長からは、普段の練習について、これまでの競技経験について、ボランティア活動についてなど様々な質問が投げかけられました。
本学のソフトボール部は、教育者や看護師としての資格取得に向けた日々の勉学ありきの活動をしており、昼間に練習時間をふんだんに取ることができません。その分、オフの日を殆ど作らず、ウィークデーは毎日授業が終わってから夜遅くまで練習し、週末は大会や練習試合に費やすといった、ほぼ 365 日ソフトボール一色の生活をしています。そうした中で価値観が偏ってしまわないよう、学生たちには色々な経験をさせたいと言う服部 監督。監督が引率して行う災害被災地などでのボランティア活動には、学生のあいだに様々なことに触れ、教育や医療に従事する者として視野を拡げる目的があるということもあわせてお話ししました。
また、部員が毎週金曜の朝に行っている阪急箕面駅周辺のゴミ拾いボランティア活動について、市長が御礼を述べられる場面もありました。

WSB_3WSB_4
練習量の多さには倉田 市長も驚きを隠せない様子でした。

締めくくりには、今後の目標を述べ、市長から激励の言葉を頂きました。
市長と教育長、そしてソフトボール部員たち、両者ともに忙しい中 30 分という短い時間ではありましたが、クラブとしての思いや抱負、日頃の頑張りを知って頂く大変良い機会となりました。

WSB_5WSB_6
このほか、部員全員に表彰状が贈られました。

倉田 市長、具田 教育長、箕面市役所の皆様、ありがとうございました!

[地域連携課 / 入試部 入試広報課]

Communication

コミュニケーション