8 月 23 日(火)と 24 日(水)の 2 日間、大学コンソーシアム大阪の主催する「中学生サマーセミナー」のプログラムの一環として、大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部で講座が開講され、大阪府全域から多くの中学生の皆さんが参加してくださいました。
本学で学べる栄養、食、教育・保育、看護の分野に関連する 4 講座が開かれ、それぞれのテーマに関心の高い生徒の方々が熱心に受講されました。

“ おいしい ” 話と調理実習

講  師:藤原 政嘉(健康科学部 健康栄養学科 特任教授)
開講日時:8 月 23 日(火)10:30 〜
科  目:理科
内  容:
前半は「食と健康」についての講義を行い、我が国独自の食文化について学んでいただきました。
後半は、大学の実習施設を使って調理実習を行いました。
ただ作るだけでなく、種類の違った出汁を使って味噌汁やだし巻き卵を作り、食べ比べをして味の違いを体感するといった体験も。
献立は … 、・だし巻き卵 ・から揚げ魚、野菜あんかけ ・かぼちゃのごま和え ・味噌汁 ・ご飯
地元 箕面で採れた季節の野菜をふんだんに使ったヘルシーで新鮮なメニューです。
デザートには地元産のかぼちゃを使ったプリンをご用意。聞いて作って食べて、盛りだくさんの内容で総合的に食文化を学んでいただきました!

MSSS_1 MSSS_2
健康栄養学科の学生がお手本を見せます

フクロウのペリット解剖体験!君も Bones だ!

講  師:佐藤 寿哲(健康科学部 看護学科 専任講師)
開講日時:8 月 23 日(火)13:30 〜
科  目:理科
内  容:
骨を手がかりに生き物の生態について学ぶこの講座、フクロウが作り出した「ペリット」と呼ばれる小さな球を解体して動物の骨を探すユニークな実験授業です。一人一つずつ配布されたペリット …、中にどんな鳥や小動物の骨が入っているかは分かりません。骨は獣毛に包まれており、受講者のみなさんはそれを竹串で慎重にほぐしていきます。すると、くちばしらしきものや頭らしきものが出てきたり、大小異なるサイズの骨が出てきたり …。骨の成長具合や部位について先生の解説や分析を聞きながら、動物の数や姿を推理していきます。皆さん、黙々と真剣に作業をし、先生の解説には熱心に耳を傾けておられました。骨には、生物の構造や環境問題をひもとくための情報がいっぱい詰まっているということを体感していただく内容となりました。

MSSS_3 MSSS_4
小さくて細かい骨を一生懸命取り出します

プログラムロボットを動かそう(レゴマインドストーム EV3 を使って)

講  師:萩原 憲二 (健康科学部 子ども教育学科 准教授)
開講日時:8 月 24 日(水)10:00 〜
科  目:理科
内  容:
「レゴマインドストーム EV3」を使ってプログラミング学習を体験するこの講座では、全参加者 31 人が 10 組のチームに分かれ、チーム単位で課題に取り組んでいただきました。タイヤの付いた車両型のロボットを動かすため、パソコンを操作しながらプログラムを組んでいきいます。「90㎝ 直進。その後、90° 左へターンして 10㎝ 直進。その後 …」というように、自分たちがロボットにさせたい動きをプログラミングしていきながら、試走や調整を何度も繰り返し、最後は『プレゼンテーションタイム』。約 1.5 メートル先の床上に置いた、積木の柱の周りを半周して手元に帰ってこられるかを、チームごとに発表していきました。この日初めて会った生徒たちで急ごしらえしたチームでしたが、全員すばらしいチームワークを見せてくれました。見事課題をクリアしたチームは、ハイタッチで大喜び。見学の保護者の皆様からも、拍手が起こりました。最初は難しいと予測していたプログラミングも、最後は大変楽しいものだと感じてもらえた講座でした。

   

MSSS_5 MSSS_6
プログラミングを学び …(写真左)動かします(写真右)

一日パティシエ講座「手作りスィーツに挑戦!」

講  師:佐々木 信治 (短期大学部 調理製菓学科 教授)
     藪口 恭巨 (短期大学部 調理製菓学科 准教授)
開講日時:8 月 24 日(水)13:00 〜
科  目:技術家庭
内  容:
第 2 希望も含めて 220 件を超える応募のあった人気講座。プロのパティシエを目指す学生が使う実習室で、プロ仕様のオーブンを使ってマドレーヌ作りに挑戦していただきました。先生の指導、大学生のサポートを受けながら、材料を測って生地を作り、ムラなく混ぜてオーブンへ!焼き上がりを待つ間には、手作りプリンをフルーツで飾りつける皿盛りデザート作りも体験し、付き添いのご家族の皆様も一緒に召し上がっていただきました。家でよくお菓子作りをしている人も、そうでない人も、それぞれに初めてのことや新しい発見があった様子。是非自宅でもやってみたいと、感想を寄せてくださいました。

   

MSSS_7 MSSS_8
型に生地を流し込みます(写真左)プリンとフルーツを盛りつけて …(写真右)

Communication

コミュニケーション