平成 22 年度前期には、以下のような講義を実施しました。

1
実施日:6 月 5 日(土)
対 象:私立宣真高等学校 保育系進学コース 3 年生 / 総合学科ライフエリア 3 年生

保育系進学コース
1.
講 師:中尾 かつ江(大阪青山短期大学 幼児教育・保育科)
授 業:「こどもと音楽」
2.
講 師:大山 紋子(大阪青山短期大学 幼児教育・保育科)
授 業:「紙の造形」
 少人数の 2 班に分かれ、それぞれの班が 2 つの講義を受けました。各 50 分の講義でしたが、みなさん楽しく、しかし集中して受講され、時間が短く感じられたようでした。

総合学科ライフエリア
1. 調理コース
講 師:山田 裕司(大阪青山短期大学 調理製菓学科)
授 業:「コーンポタージュ、ハンバーグステーキ、グリーンサラダ、デザート」
2. 製菓コース
講 師:佐々木 信治(大阪青山短期大学 調理製菓学科)
授 業:「杏子のタルト」
 調理実習と製菓実習とに分かれ、それぞれ 2 時間 30 分にわたって真剣に取り組みました。いずれの習にも、調理製菓学科の助手と学生がサポートとして加わり、生徒のみなさんと一体となった授業が行われました。
 今回の講義はすべて、大阪青山短期大学の箕面キャンパスに生徒のみなさんをお招きして実施されました。大学の施設を使っての体験は、普段とは違った勉強の機会となったことと思います。

2
実施日:7 月 16 日(金)
対 象:大阪府立豊島高等学校 生活科学エリア 2 年生
講 師:河合 忠勝(大阪青山大学 健康科学部 健康こども学科)
授 業:「造形理論 折り紙・紙工作」
 この日の講義は家庭科の授業の一環として行われました。折り紙の苦手な人も、“ むっくり ”、“ くるくるトンボ ”、 “ 水中花 ”、 “ インコ ” といったものの作成に、楽しく興味を持って取り組み、折り紙の奥深さを実感した生徒さんもおられたようです。

3
実施日:9 月 15 日(水)
対 象:大阪府立池田北高等学校 3 年生
講 師:東根 裕子(大阪青山大学 健康科学部 健康栄養学科)
授 業:「おいしさの秘密」
 この日の講義は庭科の選択授業『フードデザイン」のクラスの皆さんを対象に、2 時間連続で実施しました。
 前半は講義を中心に、人が味を感じる仕組みと基本の 5 つの味、だしの味、噛むことの大切さなどをお話しし、後半は、5 味識別の官能評価、だしの官能評価、ガムの咀疇といった実験を中心とした授業を行いました。生徒のみなさんは、識別に苦戦されたようです。
 今回の出張講義には、健康栄養学科 4 年次の学生 2 名が実験助手として教員をよくサポートし、教室では生徒のみなさんと触れ合う機会が持てました。本学の学生にとっても、貴重なキャリア教育の場となりました。

※ 尚、7 月 14 日(水)には、兵庫県立宝塚東高等学校 総合健康類型 1 年生のみなさんを対象に、「健康と運動」(喜多 宣彦 大阪青山短期大学)を実施する予定でしたが、当日発令された気象警報のため中止となりました。

Communication

コミュニケーション