3 月 13 日(日)、大阪青山大学短期大学部の卒業式終了後、幼児教育・保育科を卒業する学生らによる「卒業演奏会」が開催されました。
長年にわたり開催してきた卒業演奏会も学科の学生募集停止を受け今回が最後となります。
クラス合唱や合奏、ピアノ独奏、全員参加による音楽劇など多彩なステージで 2 年間の学びの成果を披露しました。

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会
学園歌の合唱(写真左) 合奏(写真右)

卒業生全員による学園歌の合唱で幕を開けた演奏会。
合奏ではアンサンブルのスタイルで「情熱大陸」の迫力ある演奏を披露しました。
また、入学当初ほとんどピアノの経験のなかった学生が、ショパンのワルツを演奏して喝采を浴びる一幕もありました。

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会
ピアノ独奏

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会
クラス合唱

幕間には、幼児教育・保育科の OB・OG や職員の有志らが歌とダンスを披露するというサプライズも!

幼児教育・保育科 卒業演奏会
OB・OG、職員の有志によるステージ

6 年前に新たな試みとして始まった音楽劇の今年の演目は「ライオンキング」。
歌やダンスに加え、学生らが工夫を凝らして揃えた鮮やかな衣裳も見所です。
全員参加の劇として全ての学生に見せ場がある中、独唱のシーンも多く、大役を担う出演者らは皆堂々とした歌唱を披露しました。
学生らの今後の活躍が大いに期待される、学びの集大成とも言うべきステージでした。

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会

幼児教育・保育科 卒業演奏会
音楽劇「ライオンキング」

最後は全員が再びステージに整列し、全員合唱を行いました。
ヘンデルの「ハレルヤ」、手話を交えた「空より高く」、そしてアンコールの「ソレアード 〜 子どもたちが生まれる時 〜」と続く頃には壇上で涙を拭う学生の姿も見られました。
渾身の合唱で 2 年間の感謝の思いを伝え、演奏会の、そして 48 年間続いた学科の歴史の幕を下ろしました。

幼児教育・保育科 卒業演奏会幼児教育・保育科 卒業演奏会
全員合唱

[広報室]

Communication

コミュニケーション