5 月 26 日(水)、16:30 から約 2 時間のあいだ、塩川学長をはじめ、眞下 事務局長、廣瀬 健康科学部 学部長(短期大学 副学長)および学生部の教員を交えて、学友会(大学生 6 名)と学生会(短期大学生 5 名)の総務役員との懇談会が行われました。

 大学はかねてより、教育を受ける学生の希望や意見を積極的に聴き、大学の運営・施策に適切に反映させ、改善に結びつける必要があると感じています。今回は、日常の学生生活の中から出ているさまざまな希望や意見を、総務役員の会長以下数名の学生が、皆を代表して発言してくれました。
 出された内容は、バスのダイヤ改正や駐輪場関係、部活動の活性化を図るための施策、食堂についてのこと等学生生活全般に関わるさまざまな要望等で、学生からの忌憚のない生の声を、直接聴くことができました。学長をはじめ諸教員は、これらの意見や要望に対して検討を加え、善処していく方向でまとめました。

meet

Communication

コミュニケーション