20151224_koho01 20151224_koho02
20151224_koho03 20151224_koho04

 12月17日(木)昼休憩中、学習支援室にて青山コミュニティ「クリスマスを楽しもう」が開催されました。担当は学習支援室室長であり、幼児教育・保育科の三木慰子教授です。
クリスマスについて教養を深めることが目的ですが、学生のみなさんでお昼を食べながら、SA※やゲスト学生による絵本の読み聞かせ、手遊びなど、賑やかに行われました。

20151224_koho05 20151224_koho06

三木教授からは、クリスマスの起源にまつわる話をお伺いしました。クリスマスカラーやセント・ニコラスについて、日本にどの様にクリスマスが浸透したのかなどですが、あまり知られていない内容に学生達も感心しながら聞いている様子でした。例えば、ツリーの一番上の星は、イエスを象徴しているそうです。つまり、人々を星が輝く方向に歩ませ、イエスの誕生を知らせたというお話に基づいているからです。

20151224_koho07 20151224_koho08

SAや男子ゲスト学生による絵本の読み聞かせは、かなりの腕前で、他の学生たちも驚いている様子。手遊びは全員で楽しく行いました。

20151224_koho09 20151224_koho10
20151224_koho11

最後には、クリスマスの曲と一緒にサンタやトナカイが現れ、学生のみんなにプレゼントを配ってくれました!ちなみにこのプレゼントは大学祭の時の学習支援室カフェで得た収益金によるものだそうです。

三木教授によると、今回の催しは沢山のSAの支えがあり、実現したとことです。
「学生のみなさん、今年はクリスマスの意味を振り返って、素敵な方とクリスマスをお過ごしください」

※SAとは、学習支援アシスタントの略。
本学の教育推進を補助するために採用された学生スタッフのこと。後輩の相談に乗ったり、ミニ教養講座のお手伝いをしたり、時には、企画、講師などもします。

(広報室)

Communication

コミュニケーション