11 月 28 日(土)、健康こども学科 1 年次「こどもボランティアサークル」のメンバーが、箕面市社会福祉協議会みのおファミリーサポートセンター(以下、ファミサポ)が主催する『ワーキングマザーのための交流会』に、保育ボランティアとして参加しました。
FSCL1

 ワーキングマザーは仕事を持ちながら子育てをしています。そのため、職場と保育所・託児所と家だけの行き来になりやすく、普段、同年代のこどもを育てているお母さん達となかなか交流ができず、子育てに関する知恵や情報を得ることが難しいようです。今回のイベントを企画するにあたり、ファミサポから、当日、「参加者のお母さん同士がゆっくりと交流できるように」と、健康こども学科の学生に保育ボランティアの要請がありました。

 こどもと楽しく遊ぶことが大好きな学生たちは、こどもボランティアの依頼があれば、喜んで参加します。と言いつつ、実際、2 歳未満のこどもさんと触れ合う経験はあまりなく、ハリキって行ったものの、人見知りされてしまい戸惑ったようです(人見知りは大切です!詳しくは、「AOYAMA navi』2009 冬号参照)。時間が経つとこども達もなれてくれ、一緒に遊んでいると “ にっこり(^^) ” してくれる場面も出てきたようで、とても嬉しかったようです。 
 当日の様子をファミサポスタッフの方が送ってくださったので、画像を交えて、学生の感想を掲載しました。

FSC1 一日を通して、こども達とたくさん接することができました。受付では、お母さん方と少し関わることもでき、いい経験になりました。短い時間だったけど、たくさんのこどもと遊ぶことができて楽しかったです。(by いがゆき)

FSC2 最初は、こども達が1人も来てくれなかったので、どうしようかと思いました。でも、1 人来てくれたら、何人か来てくれるようになり、気づけば、5 ~ 6 人に囲まれて遊んでいたので、とても面白かったです。(by たか)

 はじめは、全然近寄ってくれなくて、どうしようかと困ってしまいました … 。時間が経つと、少しずつなついてくれて、最後には、にっこりと笑顔を向けてくれたことが、とても嬉しかったです☆。(by えみ)

FSC3 ワーキングマザーの交流会に保育ボランティアに行ってきました!ふたつの班に分かれて、こども達とおにごっこをしたり、お絵かきをしたり、たくさん、遊びました。こども達は、寒いのにシャツ 1 枚で走り回って、私たちも、心も体もポカポカになりました。(by あやの)

 学生たちのコメントと写真は、# 2 でもご紹介します。

Communication

コミュニケーション