7月14日(火)、塩川学長と学生との懇談会が、4号館大会議室で行われました。

塩川学長の他に、眞下事務局長、岡事務長、大澤学部長、石田学生支援センター長、そして学生課から3名の職員が出席しました。学生は、各学科2名ずつ、計10名が参加し、よりよい学生生活の実現のために、様々な意見交流を行いました。

前半は、学友会副会長が代表として学生からの要望事項(通学バス関係・学生食堂関係・施設関係について)を伝えました。
gakuseika_150717_02
また後半には、全員の学生が、今の学生生活について語る機会を設けました。

「資格を取るために頑張っている」「学外実習に担当教員が訪ねてくれたことがうれしかった」「先生が話を聞いて相談に乗ってくれる」「授業についていくのは大変だが、先生が励ましてくれる」「卒業研究が大変だが頑張りたい」などの報告がなされました。
gakuseika_150717_01
最後に学友会会長の「ありがとうございました。教職員のみなさんに支えられています。僕らも力を合わせてよりよい学校にしていきます」という挨拶で、1時間の懇談会が終了しました。
最初はなかなか緊張が解けなかった学生たちでしたが、塩川学長の温かいお人柄に触れることができ、会が終了しても和やかに談笑する姿が見られました。

この懇談会が、学生と教職員が力を合わせて、学生生活をより良いものにし、また大学運営や施策の改善につながるよう、今後の企画を考えていきたいと思います。

(学生課)

Communication

コミュニケーション