パートナー契約を結ぶガンバ大阪と、大阪青山大学で管理栄養士を目指す健康栄養学科の学生とのコラボ企画「ガンバ大阪応援弁当プロジェクト」。
8 月からスタートし、着々と準備を進めてきた第 4 回プロジェクトもいよいよ大詰めとなり、観戦に来られたファン、サポーターの皆様に、お弁当を提供(材料費相当:¥700)する日がやって来ました。

ガンバ大阪応援弁当プロジェクト ガンバ大阪応援弁当プロジェクト

11 月 29 日(土)当日、調理チームは朝 6 時に大学の実習室に集合して、お弁当作りをスタート。
設営チームは会場に集合し、雨の中ブースのセッティングにかかりました。

ガンバ大阪応援弁当プロジェクト ガンバ大阪応援弁当プロジェクト

あいにくの天候にもかかわらず、整理券配付時刻前から多くの人が列を作って待ってくださいました。
リピーターの数も年々増え、コラボ弁当を楽しみに待っていてくださる方々の存在に大いに励まされました。
整理券はわずか 5 分で配付終了。これまでの最短記録を塗り替えました。

ガンバ大阪応援弁当プロジェクト ガンバ大阪応援弁当プロジェクト

お弁当は、配付時刻の 15 分前に会場に到着。
今年は、韓国出身のオ・ジェソク選手にインタビューできたこともあり、韓国のり巻き「キンパ」をはじめとしたインターナショナルなメニューもポイントの一つです。
お弁当のタイトルは、「V V V GAMBA弁当」!ボリュームたっぷりのお弁当を食べて、ガンバ大阪を全力で応援してほしいという思いも込めました。

ガンバ大阪応援弁当プロジェクト ガンバ大阪応援弁当プロジェクト

学生たちは、一つのお弁当を完成させるまでに、栄養価のことはもちろん、コストや作業効率、運搬・提供の段取り、多くの方に喜んで頂けるテーマの設定やそれを伝えるパッケージなど、様々なことについて考え、試行錯誤を繰り返してきました。
将来管理栄養士となって社会に出た時にも、きっと生かせるであろうそうしたことを、楽しみながら学べた貴重な経験となりました。

お越しくださったファン、サポーターの皆様、ガンバ大阪の皆様、ありがとうございました!
次回のお弁当にも、ぜひご期待ください。

Communication

コミュニケーション