11月24日(祝)に秋晴れの中、本学の女子ソフトボールチームが、元日本代表女子ソフトボールチームの広瀬芽さん(北京五輪金メダリスト)を迎えて、技術指導を受けました。

広瀬さんの指導は至ってシンプルで基本であるキャッチボールやノック等通じて、単純で決して派手な動きではありませんが、基本に忠実な動きを身振り手振りの実演で、学生たち一人ひとりに伝えてくださいました。

学生たちは真剣に広瀬さんの話を聞き、普段以上に積極的に練習に熱を入れ取り組んでいました。

b141124女子ソフトボール_金メダリスト b141124女子ソフトボール_金メダリスト

b141124女子ソフトボール_金メダリスト b141124女子ソフトボール_金メダリスト

来春3月開幕のリーグ戦に向けてオリンピック選手でも日々の基礎練習を欠かさず取り組む姿勢を目のあたりして、今後は練習のための練習ではなく、チームの勝利のために何が必要かを考え、自己目標を達成できるように意識改革をして、心あらたに取り組むものと期待致します。

今回の広瀬さんの基礎練習の大事さ大切さは、ソフトボール技術向上のみならず、将来の人生にとっても基本の大切さを感じ取れれば、有意義な機会となるものと信じます。

なお、当日複数名の中学生や高校生が特別参加しましたことを合わせて報告させていただきます。今回参加した選手の中から一人でも、東京五輪の選手として選抜され、世界に羽ばたく日が来ることを願っております。

(学生課 森下)

Communication

コミュニケーション