10月10日(金)に伊丹北高校へ特別授業に行ってまいりました。 伊丹市の特別非常勤講師の活用事業の一環として毎年行われているものとなります。

当日は、児童文化の授業の一環として「絵本に学ぶ」というものをしました。
2年生3名、3年生12名の合計15名が参加。
ここ数年、11種類の『かちかちやま』の絵本をもとにした授業をずっとやっています。

b141010高大連携_伊丹北高校2

まず、3名のグループで担当の絵本の読み聞かせをします。次に比較表を作成し、発表。

b141010高大連携_伊丹北高校1

1回目はここまでで終了。

b141010高大連携_伊丹北高校3

比較表と絵本の表紙からのわかったこととわからないことのまとめは課題にして、24日に2回目を行います。
2回目はグループ内で意見交換をし、発表。
11種類の『かちかちやま』の絵本の比較からのさまざまな気づきがあるかと思います。

本学では子ども教育学科4年次生や幼児教育・保育科1年次生の児童文学でも同じような講義をやっています。
特別授業では高校生用としての授業ではありますが、基本は大学と同じものです。
とても熱心に授業を受けてくださる伊丹北高校の生徒さん、絵本に対する興味関心がさらに深まることを祈っています。

 (三木 慰子)

Communication

コミュニケーション