7 月 12 日(土)に、子ども教育学科 1 年次生 8 名が、深尾客員教授の授業「ボランティア論」で “日本ユニセフ協会大阪支部” を訪問しました。
インターンシップ中の立命館大学や関西福祉科学大学の学生や、メキシコから来ていた高校生と一緒に、講義と実習を受けました。
講義はユニセフ大阪支部の川上征氏による「ボランティア論」。
特に<無縁社会に求められるボランティア>として、血縁・地縁・学縁・職縁・好縁についてお話ししてくださいました。
また実習では、5 歳児までの死亡率を示した世界地図の色塗りや、災害時に要るもののカード作成、小学校での教材 100 円で何が準備出来るかなどが行われました。
ボランティア論1 (600x449)

本学学生のミニレポートには、全員が興味を持って参加することができ、大変貴重な講義・実習を体験することができたと記されており、充実した時間を過ごせたようです。
今回参加した本学学生は、小幡さん、小松さん、佐々木さん、永井さん、中川さん、廣国さん、広瀬さん、村井さん(順不同)でした。

ボランティア論2 (600x449)

今回、ご指導並びにご協力頂いた関係者の皆様に感謝申し上げます。

深尾 幸市 [大阪青山大学客員教授]

Communication

コミュニケーション