11 月 9 日(月)、マイム俳優のいいむろなおき氏さんが本学にこられました。あっという間の 1 時間のパントマイムショー。最後に学生達と記念撮影をしました。
 いいむろ氏のブログを見せていただくと、マイムの魅力を沢山の方々に伝えるために日々トレーニングを積まれ、ステージ前の準備とその場の雰囲気をいかに掴み取るかなど、試行錯誤をしながら毎日、お仕事をされている様子が伺えました。お忙しい中、ご出演くださいましてありがとうございました。

さて、学生はどのように感じたのでしょうか。(幼児教育・保育科 三木 慰子)

1 年生の感想
・私はこのパントマイムを通して、想像することの大切さや身体で表現することの重要さを少しの時間で学ぶことができました。

・実際に見て、本当にどうなっているのか、とても不思議でした。楽しみにしていたこともあって、引き込まるように観ていました。ひとこともしゃべらないけれど、すべて想像できて楽しかったです。

・いいむろ先生はやりたいことを持っていて、それに向って頑張ることは素晴らしいです。私も何かやりたいことを見つけて、悔いのない人生を送りたいなと思いました。

2 年生の感想
・自分のできる得意な技を持っていたらいいなあと感じました。人を喜ばせることのできるいいむろ先生は本当に素晴らしいと思いました。パントマイムは人を元気に、そして、笑顔にさせてくれるパーフォーマンスだと思います。

・パーフォーマーの先生の、一つのことを突き詰める貪欲さ、単身でフランスで学びに行く度胸、私が見習うべきことが沢山あるように感じました。今回のことが私にさらなる成長を育んでくれた時間になり感謝しています。

・パントマイムは道具なしでできるので、園児を前にして行うと興味を持ってくれるだろうと思いました。

PM4L
クリックで拡大できます

Communication

コミュニケーション