9 月 13 日(日)、2 学期になって第 2 週目の日曜日、本年度第 6 回のオープンキャンパスが開催されました。幼児教育・保育科では、保育の現場で活躍する卒業生を招き、体験談を聞くプログラムを実施しています。 この日は、池田市で幼稚園教諭をして 5 年目になる西村さんが、保育の現場でも活用されているギターを持参して来校してくださり、高校生のみなさんにむけて、手遊びをしたり、体験談を語ったりしてくれました。

almn1309almn1309b

 地方出身の私にとって、短大生活には不安がたくさんありました。しかし、本学はクラス制であり、授業や行事を通して、多くの仲間を作ることができました。そして、実習で苦労し、ピアノの苦手な私は、何度も保育の道を諦めかけましたが、仲間に励まされて、乗り越えることができました。今では特技のギターを保育でも用いて、子どもたちとコミュニケーションができるようにまでになりました。
 幼児教育はとてもやりがいのある仕事です。子どもたちの命を預かるため、決して簡単なものではありませんが、日々の成長を見ることができ、一緒に成長し、感動をたくさんもらえます。みなさんも一つでも多くのことを学び、自分にしかできない何かを見つけてくださいね。

Communication

コミュニケーション