ことばと文化学科日本語文化コース2年次による一泊研修旅行は、5月15日に大阪を出発。志度寺、平賀源内記念館、屋島でそれぞれ研修を行い、一日目の行程を元気いっぱいに終えて、宿泊地に無事に到着いたしました。

2009研修旅行

 志度寺の境内にひっそりとたたずむ海女の墓。本学所蔵の『大職冠絵巻』ゆかりの地を訪ねました。

2009研修旅行

 屋島の古戦場を見下ろしながらのかわらけ投げ。学生はいったいどんな願いを胸に投げたのでしょうか?

研修旅行

 二日目の16日は、ホテルより徒歩で金丸座へ。日本が誇る芝居小屋のさまざまな仕掛に、学生は驚いた様子でした。
 そしていよいよ金刀比羅宮の石段に挑みます。無理をしてはいけませんから、脚に不安のある人は途中で引き返すこととし、麓の見学施設の見学となりました。
 本宮ではちょうど結婚式が行われ、図らずも新郎新婦を祝福しつつ、金毘羅信仰の地を見学することになりました。

研修旅行

 最後の訪問地は善通寺。弘法大師空海の生地として知られるこの寺では、ボランティアガイドの方に解説をしていただき、多くの見所を余さず学ぶことができました。ガイドの芝さん、本当にありがとうございました。

 こうして、どうにか雨にも降られずに一行は大阪へ無事帰還。二日間の日程を終了しました。
 新型インフルエンザの流行をホテルで知るという状況のなか、本コースとしては最後となる研修旅行を無事に終えられたことに、ほっとしております。ただし他学科のことを思えば、いささか申し訳なく思います。

 いずれにせよ学生の皆さんは、インフルエンザ感染にじゅうぶん気をつけてお過ごしください。自宅待機が解けましたら、また元気な姿を見せてくださいね。

Communication

コミュニケーション