2 月 25 日(水)バイリンガル幼稚園訪問
 今日は、現地の幼稚園に、研修生を訪ねました。ここでは、日本人教諭とオーストラリア人教諭がお互いの理念や価値観や伝統を生かし合いながら、シドニーに生きる、様々なバックグラウンドを持つ子どもたちの保育を行っています。
 こういう海外での幼児教育体験の場合、観察させていただくだけであったり、お手伝いの形態であったりすることが多い中、本学の 2 年次研修生は 4 月より幼稚園教諭として働くことが決まっているということで、実際に保育をさせていただけることとなりました。園長先生は「間もなく先生として働く人たちですので、海外の保育のよいところと、日本の保育のよいところを、またそれぞれにおいての違いなどにおいてもしっかりお勉強して帰っていただきます。」おっしゃってくださいました。
 保育室を覗かせていただくと研修生が生き生きと保育をしている姿を見ることが出来ました。写真から感じ取っていただけますでしょうか?
E88E89E90

 後編につづく …

Communication

コミュニケーション