「中編」より …
2月18日(水)の日記より

「今日は初めて学校に行きました。バス停まで歩いて15 分と書いてありましたが、実際には30 分もありました。でも涼しかったからちょうどいいダイエットになりました。ちゃんと着くか不安でしたが、無事に着きました。バスが 2 両くっついていてビックリしました(笑)。みんなのホストファミリーはどんななのかを話したりしましたが、どこも楽しそうで良かったです。自分の気持ちや行動次第で楽しくもなるし、しんどくもなるだろうなと思います。
 ジョンソン先生の授業では、英語で自己紹介したり、オーストラリアのおやつを作ったりしました。ロニー先生からベジマイトの話を聞いて、実際に食べたけど美味しくなかったです(涙)。オーストラリアのおやつは基本的にかなり甘いと思いました。慣れたら食べれるかな?と思います。帰りのバスも間違わずに乗り降りが出来たのでよかったです。歩いているとホストマザーの Cherie が車から呼んでくれました。Summer が私たちを見つけてくれたらしく、途中から車で帰れたので very happy でした。
 夜ごはんは Kase が BBQ をしてくれました。Cherie のご飯はとっても美味しいです。Summer も私たちに慣れてきてくれて、今日は hug させてくれて Happy でした。Kase が手にペイントしてくれたり、Summer と一緒に Dance したりととても楽しい Family です。
 夜も Kase といっぱい話せて、なんとなく会話が成立してきたと思います。」(2 年次研修生 K.M)

 朝が早くて大変。とても寝たかったけど出発しないと↓
 Mother and Ben、 Jessieと、7 時 45 分に家を出て、バス停まで一緒に行きました。バスのパスを渡して「シティ」と言ったらわかってくれたのでよかった。バスはすごく揺れて立っているのが大変でした。シティは終点で、たくさん降りる人がいてビックリしました。シティから UEC までは迷わずに行けてホッとした。
 初めてのレッスン!!
 ジェイソン先生の授業が始まった。何をするのか楽しみ。そして、今日は、ジェイソン先生のプロフィールをパソコンで見ました。家族の写真や趣味、好きなスポーツの写真をたくさん見せてくれました。私たちもプロフィールの紙に英語で書いて、一人ずつ発表しました。わかりやすく、簡単な英語で話をしてくれたのでよかったです。それから、ホームステイの問題を少ししました。これは役に立ちそう。
 10 時 30 分からは、みんなでクッキングをしました。ケーキ、ミートパイ、クッキー、ティムタムなどを食べながらお話をした。ジェイソン先生に大阪の話を英語や手振りを交えて教えました。変な感じのやり取りもあったけど、おもしろおかしくて、すごく笑ったし、先生も笑っていました。
 それから、はるみ先生に UEC の案内をしてもらいました。ビルの 1F に食事が出来るところがあって、とても便利です。
 13 時からは Naomi 先生の授業。軽く自己紹介をして、Lesson を始めました。英語での保育内容研究と、英語の歌を歌いました。英語の歌はリズムを付けたり、ダンスしたりしながら覚えていくと教わりました。日本と少し違うところもあるけれど、同じところもありました。
 授業が終わった後、少し寄り道をしたけど、すぐに帰りました。降りるところの目印を教えてもらっていたので迷わず家に帰れました。18 時に母家に行って、Mother、Ben、Jessie と話をしました。最初は何を話したらいいのかわからずにいたけれど、勇気を出して話すと答えてくれたので、そこからとても話が弾みました。辞書を使いながら会話をしました。Father も帰ってきて、日本から持ってきたお土産を渡してから、ご飯を食べました。食べている間も英語で話ができたので嬉しかったです。わからないことは動作で話しました。明日はもっと話が出来たらいいと思います。」(1 年次研修生 M.U)

 提出物や書くことが苦手だと言われる若者達! 今朝、こあらの顔を見るなり「ハイ!日記です!もう書くことがいっぱいあって~」・・・確かに、日を重ねるごとに日記の量が増えている!そして、研修生達の文字が力強くなっているのがわかる!(ここでは、打ち直しているので伝わらないのが残念)嬉しい反面、パソコンとのにらめっこの時間が増える?トホホ・・・。
 このブログを読んでくださる皆様もメッセージをくださいね!拍手のところでも嬉しいのですが、その下のメッセージのところ(※注 拍手ボタン左の「Comments」です)だと、こちらでも読めますので、きっと研修生の励みになると思います。一言メッセージお待ちしていま~す
   (^Q^) by 青山こあら

Communication

コミュニケーション