大阪青山大学公式ブログAOYAMA通信

1 月 17 日(水) 調理製菓学科の「卒業研究発表会」が行なわれました。学生レポート#32

こんにちは!(^^)!/調理製菓学科です!
本日のブログは、調理コース2年次 技術クラスが担当いたします!
1月17日(水)に、調理製菓学科の「卒業研究発表会」が行われました。
1年間それぞれのグループに分かれて研究してきたことを発表する貴重な機会です。
また、来年卒業研究に取り組む1年生に向けて見本となるような発表ができるように、みんな緊張しながらも精一杯発表しました。

こちらは発表会での様子です。

12月の展示当日は、この投票箱へ投票していただきました!

さらに、12月に行われた「卒業研究展示会」での人気投票の結果も発表されました。
みんな、どの班が最優秀賞に選ばれるのかドキドキ….(・o・)
そして、調理コース8チーム、製菓コース7チームの中で最優秀賞に輝いたのは、、、

調理コースからは、「トマトを使ったフランス料理」

製菓コースからは、「新食感のコラボ」

に決まりました!おめでとうございます!!㊗㊗(^O^)

この他のチームは惜しくも最優秀賞に選ばれませんでしたが、どのチームも自分たちが決めたテーマを一生懸命研究していました。
チームで研究するということは難しく、上手くいかないことも多々ありました。
しかし、一年間に渡る研究の中で、お互いを尊重しあいながら協力することで、一人では決して成し遂げる事のできない、学びや達成感がありました。
卒業研究を通して学んだ、調理技術や知識、チームワークなどは自分たちの力になり、社会に出てからもきっと役立つと思います。(*^^*)/

以上、調理製菓学科 調理コース2年次 技術クラスのレポートでした。

Pocket

1、2年生合同で「OZイベント」餅つき大会を開催しました。調理製菓学科 学生レポート#31

こんにちは!(^^)!/調理製菓学科です!

12月26日(火)に、調理製菓学科1年生、2年生合同で「OZイベント」餅つき大会を開催いたしました。
総勢43名の参加者で、調理コース、製菓コースの生徒、先生が一丸となって取り組んだイベントです。とてもおいしいお餅を作ることができ、楽しい想い出となりました。その様子をレポートします。

前日から重たい臼や杵を設置し、20キロのもち米を水に浸し、買い出しも完了し準備万端!

当日は、担当が早めに集合してもち米を蒸しにかかりました。約1時間で蒸しあがり完了!

最初は、皆でもち米の粒を潰すための「目潰し」です。(^^;

始球式ならぬ「始球つき?」のひとつきを、皆の掛け声をきっかけにいよいよ餅つき開始。そこからは次々と人も変わりながら合計7回!

(左)非力な女子も、ふらふらとあぶなっかしくですが、声を張り上げ思いっきりつきました(笑)
全員で力を合わせ、20kgのもち米がつきあがりました。

真っ赤な干し海老を入れてついたら、赤色のお餅の完成(*´▽`*)
白と赤のおもちがきれいにできあがりました。
お餅をみんなで丸めるのも、最初は苦戦しましたがすぐに上手になってきました。
慣れてきたら丸くするのが気持ちよくて楽しい~~(^O^)

食べ方もバリエーション豊富に♡
大根おろし、砂糖醤油、焼きのり、きな粉、ぜんざいなど多くのトッピングを用意しました(/・ω・)/
炭で焼き餅もつくったりして!焼き餅大根おろしでも、砂糖醤油でも、相性抜群(=゚ω゚)ノ♡
(焼き餅の砂糖醬油が一番人気だったかも(*´з`))
好き嫌いなくおいしくお餅をいただきました!!!
最後は、作ったお餅をみんなでおもち帰り!♡♡♡♡(笑)
7コは持って帰れたかな?(笑)家でもお雑煮に入れて食べました(*‘∀‘)
餅つきを体験する事も、なかなか少なくなってきたこの日本!
伝統文化は大切にしたいですねーーーー!(^^)!
やってみて初めて知ることができる!貴重な体験でした!
本当に楽しかったです!!!!!!!!!!!(*^^*)/

OZ 2017
最後は記念撮影(^O^)

以上、調理製菓学科 OZ実況 レポートでした。

※「OZ」は、学生がキャンパスライフを〝思う(O)存分(Z)〟楽しみながら互いの親交を深めるために企画された調理製菓学科のイベントです。年間を通して、季節の行事に関係した食のイベントを実施しています。 [入試部]

Pocket

女子ソフトボール部 MATOY(箕面市消防団学生消防隊)として初の公務〜出初式へ いざ出陣!

2018 年 新年あけまして、おめでとうございます!
昨年末に任命された、女子ソフトボール部「箕面市消防団学生消防隊・MATOY(まとい)」が、年明けすぐに初の公務を行いました。その様子をお伝えします!

平成 30 年箕面市消防出初式

・日時: 2018 年 1 月 3 日 (水)
・場所: 箕面市立西小学校

2018 年 戌年。元気で頼もしく優しいイメージの“犬”のように「MATOY」も、初仕事を敢行しました。
当日は、時折、小雨やみぞれが降る厳しい寒さでしたが、駆けつけた市民は約800名! そんな大観衆の前での初仕事は緊張の連続でした。帰省中の学生を除いた12名の女子ソフトボール部員が参加しました。
防火、防犯はもとより、災害が発生した時にとるべき行動の模擬訓練は、学生自身の大きな自信になりました。この式典への参加により、大きな責任と自負を実感することもできました。
詳細は箕面市ブログみのおどっとネットをご覧ください。

朝 10 時からの開始を前に、行進や整列の仕方を消防団員に教えてもらいます。手足が一緒にならないよう練習します!
MATOY2018
MATOY2018MATOY2018

「MATOY」のユニフォームであるキャップとジャケットを着用して、練習通りに行進し整列!
きれいなフォームと学生らしいキビキビした行動を心がけました。
MATOY2018MATOY2018

出初式の象徴的なイベント、放水。間近で見ると大迫力でした。災害を想定した救出活動も行われました(右)。
MATOY2018MATOY2018

私たち「MATOY」も、スピーカーで被災者を探しながら呼びかけるという災害時の行動を、“ゆずるくん”と一緒に模擬訓練として行いました。
MATOY2018MATOY2018
最後は、倉田市長、消防団長とともに記念撮影。災害時には必ずお役に立てるよう日頃から意識した行動をしたいと思います!

箕面市民のみなさん、災害時に私たちを見かけたら、安心して頼ってください。

[地域連携課]

Pocket

2017年 クリスマス当日!4種のホールケーキを販売しました。製菓コース 学生レポート#30

こんにちは!! 調理製菓学科 製菓コースです(*’▽’)
製菓コースの 2 年次では、作ったものを学内で販売する大量販売実習の授業があります。
11月に続き、後期3度目のケーキ販売は、なんとクリスマス当日!
そして、これが学生生活最後の実習となりました(泣。
今回作ったのは …

  • いちごのショートケーキ〜ふわふわなスポンジに濃厚なクリームが絶妙!
  • ブッシュ ド ノエル〜クリスマスの定番!おすすめのケーキです
  • デリスチョコレート フランボワーズ〜チョコとフランボワーズの甘酸っぱいケーキ
  • シャルロット マロン〜栗をふんだんに使ってます!栗スマス

の4種類、計70個です。25日(月)の販売のために、19日(火)から仕込みを始めました。

「レストランAOYAMA」にて、午後3時45分より販売開始。ガラスケースに並べると圧巻です!
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売

仕込み作業では、注意深く丁寧にパーツを作っていきます。先生の指導のもと、何度も練習しました!
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売

クリームを作ったり、型に流し込んだり、スポンジを焼いたり。さまざまな作業を手際よくこなしていきます。
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売

Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売
少しずつ形が整ってきたら、仕上げの作業にとりかかります。ぼんやりしていたフォルムが、形を成してきました。

飾り付けのパーツを、きれいに見映えよく盛り付けていきます。彩りも重要。やはりチョコといちごは欠かせません。
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売

デリスチョコレート フランボワーズ(左下)、シャルロット マロン(右下)
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売
いちごのショートケーキ(左上)、ブッシュ ド ノエル(右上)

販売開始前から大行列! 次々と売れて行き、今回もあっという間に完売しました!
Xmasケーキの大量調理販売Xmasケーキの大量調理販売

長い時間並んでいただいて、無事完売することができました(*^-^*)ありがとうございました!
次は、来年春以降までお待ちください。

以上、調理製菓学科 製菓コース 2 年次生、最後の実習報告でした!♪

調理製菓学科 製菓コース

Pocket

女子ソフトボール部 活動報告〜2017年を振り返って〜

2017 年 12 月 27 日(水)。
大阪青山大学女子ソフトボール部にとって2017年は、さまざまな出来事があった一年でした。残りわずかとなった今、「女子ソフトボール部の2017年」を少し振り返ってみます。
夏には、長井みなみ選手が国体選抜選手に選ばれ、チームとしては1部に残留をめぐる激しいゲームが繰り広げられました。結果、一部残留で秋季リーグが終了し、来春も一部からのスタートとなりました。さらに地域との連携では、箕面市との絆も強く、秋の交通安全運動への協力呼びかけボランティアの依頼や、先日行われたばかりの第1期「箕面市消防団学生消防隊 MATOY」の任命など、学外活動も活発に行われました。
冬休み期間中も、戦力をさらに向上すべくトレーニングに余念がありません。

総括や冬休み中の詳細は、「女子ソフトボール通信」(第 34 号:通算 43 号)をご覧ください。

国体選抜選手に選ばれた長井みなみ選手。ポジションは、キャッチャー
SB 2017SB 2017

9月には箕面警察より「秋の交通安全運動への協力呼びかけ」を依頼され、駅前で行き交う人にちらしを配りました。
SB 2017SB 2017

「箕面市第1号」となる「消防団学生消防隊」に任命されました。男子学生の数は多いのですが、女子学生はとても珍しいとか。責任の大きさ重さを痛感します。
SB 2017SB 2017

SB 2017

今年1年間の応援、並びにさまざまなサポート、本当にありがとうございました。

[入試広報課]

Pocket

就職支援セミナーを行いました 実施レポート #21

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 健康栄養学科 3 年次生を対象に行われたセミナーの様子を紹介いたします。

「グループディスカッション対策」

・日時:2017 年 12 月 21 日(木)5限 ( 16:20 〜 17:50 )
・対象:大学 健康科学部 健康栄養学科 3 年次生
・講師:株式会社 I・CAN 濱口 桂 先生

「これをやったら絶対おちるよ!」「逆にこれさえやっておけば怖いものはないよ!」で始まったセミナー。
実際に企業でグループディスカッションのアセッサー経験豊富な濵口先生から、極意を伝授していただきました。勘違いしがちなのは、グループ内に敵は一人もいないこと。皆見方!全員で落ちることもあればグループ全員で合格することが殆ど。グループ内で蹴落とそう!なんて絶対に考えない事!アセッサーはそのグループ内の一言一言を聞くのではなく、グループがコミュニケーションをとれているかを見ています。
1人優秀な人がいてもコミュニケーション取れない人、そんな人は企業にとってマイナスです。みんなで協力して業績を上げてくれる方が企業にとってプラスです。
裏ワザ中の裏ワザを沢山フルスピードでレクチャーして下さる先生に、学生さんも前かがみでキラキラした目で聞き入っています。
実際にグループで5つの題目を次々とこなしていきました。
実際のタワシを触りながら……。
巨大なあひるや100頭の馬、パンダにサバ缶。無人島、AKB???
パワフルに脳をフル回転させた90分、先生のモットー:人の奥底に眠っているポテンシャル(潜在的な力)を引き出す学びと遊び“マナソビ”:の時間となりました。

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー

[進路支援センター 就職課]

Pocket

公開講座レポート 50周年記念講座[ピアノ演奏と西洋音楽のおはなし]

大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部では、本学の擁する研究分野や大阪青山歴史文学博物館の豊富な資料を活かし、多彩なテーマで「公開講座」を開講しています。
本年度後期は、学園創立 50 周年を記念した特別講座を含む 9 講座を開講。
去る 10 月 21 日(土)、後期第 1 回目となる講座を、箕面キャンパスの講義室にて実施しました。
その様子をレポートします。

大阪青山学園 50周年記念公開講座 「ピアノ演奏と西洋音楽のおはなし ~バロックから現代まで~」

・実施日時:2017 年 10 月 21 日(土)13 : 00 ~ 14:30
・講  師:永井 正幸(大阪青山大学 子ども教育学科 准教授)
・開催場所:本学箕面キャンパス 4号館 大講義室
・受講者数:71 名

  学校法人大阪青山学園の創立50周年を記念して開講してきました、「50周年記念公開講座」。本学の“タグライン” が、「輝く未来に繋がる教育」であることから、『繋がる』をテーマに各学科が合計4講座を開講しました。今回が4講座目の、大阪青山大学子ども教育学科による、ピアノ演奏と解説をお楽しみいただく講座です。講師は、同学科の永井正幸准教授。小・幼教諭や保育士を目指す学生に音楽を教える教員であり、ピアノリサイタルや演奏会も行う音楽家でもあります。
 「西洋音楽は、宗教、権力者、時代背景等の影響を受けながら、中世以降その様式を発展させてきました。特に「バロック」「古典」「ロマン派」と呼ばれる時代を経て、「近現代」へと繋がる歴史では、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、リスト、ドビュッシーなど数多くの作曲家が登場し、後世の音楽家や音楽の発展に大きな影響を与えてきました」、というような内容の解説を入れながらのピアノ演奏。

博物館 2017 博物館 2017

  ピアノ演奏については、音楽専用ホールではなく、いわゆる“階段教室”での演奏だったので、間近で演奏する様子を上からという、少し珍しいアングルから見ることができたので、迫力満点の演奏を聞くことができました。その上、ピアノ演奏の前には、作曲者や曲ができた経緯や背景、次代に与えた影響などの解説が有り、曲の理解がより深まりました。また、曲の聞き比べも、一層楽しむことができました。
 「先生の超絶技巧にビックリ」「解説入りで13曲も演奏が聞けて大満足」「また、このような機会が有れば参加したい」というような高評価をいただきました。
 一方、公開講座というせっかくの機会なので、できるだけ小さなお子様にも音楽に親しんでいただく機会が作ることができれば、との思いから、お子様同伴でも聴講可とさせていただいたのですが、そのことを十分にお伝えすることができておらず、驚かれた方もおいでだと思います。申し訳ございませんでした

博物館 2017 博物館 2017

  ご参加くださいました皆様、誠にありがとうございました。

[地域連携課]

Pocket

就職支援セミナーを行いました 実施レポート #20

進路支援センターでは、就職活動中あるいはこれから活動を始める学生らを対象に、
さまざまなサポートプログラムを実施しています。
今回は、 健康栄養学科 2 年次生を対象に行われたセミナーの様子を紹介します。

「文章を書いてみよう」

・日時:2017 年 12 月 13 日(木)5限 ( 16:20 〜 17:50 )
・対象:大学 健康科学部 健康栄養学科 2 年次生
・講師:株式会社 I・CAN 濱口 桂 先生

「文章っていきなり書けって難しいよね」
「みんな、食材が無いのに料理できないよね?文章も一緒でネタが必要」
でスタートした講座。そこで登場したのが「リンゴかもしれない」の絵本。
リンゴ?これはただのリンゴ?いろんな妄想が膨らむユニークな視点の絵本です。
そこから、“たわしかもしれない”で模造紙に妄想を膨らませます。
そこから文章にしてみると、みんなペンが止まりません。
その後に「あなたが一番楽しい事はなに?」4つのフレームに当てはめてバラバラに文章を作成し、最後につなげてみます。これもみんなペンが止まりません。
レクチャーは少しでほとんどがワークだった講座、気付いたら80分余りで1500~2000文字の文章を書いていました。
講座後に1人の男子学生が、
「僕は文章が苦手でしたが、今日は文章が沢山書けてとても嬉しかった。
講座を受けて良かった。有難うございました。」
と先生にお礼を言いに来ました。とても嬉しい光景でした。

就職セミナー 就職セミナー

就職セミナー 就職セミナー 就職セミナー

[進路支援センター 就職課]

Pocket

オープンキャンパススタッフ A.R.S. 学生レポート #69

こんにちは!
A.R.S.スタッフ 子ども教育学科3年 あずまです
12月に入り、箕面市では雪が降りました!
わたしの地元は大雪だそうで、年末の帰省が心配でもあり、楽しみでもあります

大阪青山では、12/10(日)にミニオープンキャンパスを開催しました


10、11月に引き続き、入試がメインのプログラム!

一般入試の対策講座は『国語』『理科』『数学』『英語』の4講座を開講


自分自身が入試で選択する科目の講座を受けることができます。
皆さんの受講されている姿を見ていると、わたしの受験生の頃が思い返され、わたしも試験に向けて勉強を頑張らなくては!と気を引き締めることができました!

一般入試対策講座の後は、わたしたちA.R.S.の企画『キャンパスツアー』と『青山ストーリー』を実施しました♪


大阪青山で実際に、どんな場所(教室、施設)で学んでいるのか、どんな学生生活を送っているのか、皆さんの学生生活への期待が膨らむようなおもてなしができていたら幸いです

今回は2017年最後のオープンキャンパスでした!
3月から12月まで、たくさんの方にご来場いただき、有難うございました
新年度には、これまでのオープンキャンパスに参加してくださった皆さんと、今度は大阪青山の新入生としてお会いできることを楽しみにしています

来年度のオープンキャンパス日程については、決定次第皆さんにお伝えしていきます!
Twitter ( @aoyamastaff )でも情報を発信していきますので、是非チェックしてみてください

最後まで読んでいただき有難うございました♪
次回の更新もお楽しみに \( ˆoˆ

Pocket

公開講座レポート 博物館「所蔵名品展〜国宝・重文全公開〜」見学と展示解説

大阪青山大学・大阪青山大学短期大学部では、本学の擁する研究分野や大阪青山歴史文学博物館の豊富な資料を活かし、多彩なテーマで「公開講座」を開講しています。
本年度後期は、学園創立 50 周年を記念した特別講座を含む 9 講座を開講。
去る 11 月 8 日(水)、後期 2 回目となる講座を、箕面キャンパスの講義室にて実施しました。
その様子をレポートします。

『「所蔵名品展 ~国宝・重文・重美全公開~」展 見学と展示解説』

・実施日時:2017 年 11 月 8 日(水)10 : 30 ~ 12:00
・講  師:小倉 嘉夫(大阪青山歴史文学博物館 主任学芸員、子ども教育学科 准教授)
・開催場所:大阪青山歴史文学博物館
・受講者数:27 名

  平成29年度後期公開講座として、『「所蔵名品展 ~国宝・重文・重美全公開~」展 見学と展示解説』を、大阪青山歴史文学博物館で実施いたしました。
 同館では、学校法人大阪青山学園が創立50周年を迎えたことを記念して、特別展として同館が所蔵する、国宝1件、重要文化財16件、重要美術品40件以上のなかから選りすぐりの約60件を一挙に展示したもので、同館初の試みでした。
 先ずは講義室で、なぜ同館所蔵の『土左日記』が、国宝に認定されるほど貴重なのか、あるいは、『石山切れ』が一部とはいえ世間に出回った背景に何があったのかなど、主な展示品にまつわる歴史的背景や変遷について、わかりやすい講義が行われました。
 その後、展示室へ移動し、見学と展示解説が行われました。
一巻の和紙にしたためられた“書”が、時代の渦に巻き込まれながらも、大切に保管され次代へ受け継がれ、800年、900年の時を経て現代に伝えられていることに、ご参加の皆様は改めて驚いておられました。
 「わかりやすい解説だった」「勉強になった」「機会があれば又参加したい」等々高評価をいただき、誠にありがとうございました。
 現在、大阪青山歴史文学博物館では展示会を実施しておりませんが、次回展示会の詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

博物館 2017博物館 2017

博物館 2017博物館 2017

  「わかりやすい解説だった」「勉強になった」「機会があれば又参加したい」等々高評価をいただき、誠にありがとうございました。
 現在、大阪青山歴史文学博物館では展示会を実施しておりませんが、次回展示会の詳細が決まりましたら、ホームページ等でお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

[地域連携課]

Pocket

1 / 12012345...102030...最後 »
ページトップへ