各種奨学金制度

奨学金は経済的な事情により修学が困難な場合に学費や生活費の負担を軽減し、
本来の学生生活を送るための生活基盤を確立できるように援助することを目的としています。

本学では、5種類の奨学金制度および入学金支援制度、入学検定料減額制度を独自に設けています。
その他、独立行政法人日本学生支援機構奨学金が運営している貸与奨学金制度があります。

大阪青山大学の奨学金制度

大阪青山大学入学試験成績優秀者給付奨学金

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 前期授業料の半額
対象者 一般選抜 A日程受験者
時期・期間 入学年度の4月
条件など 一般選抜 A日程における各学科の成績優秀者上位 10%以内の者
奨学金チャレンジ制度 総合型選抜、学校推薦型選抜(指定校推薦)、学校推薦型選抜(公募制推薦)に合格し学費(入学金・一年次前期授業料)を納入している者は、検定料不要で上記の奨学金対象試験(一般選抜 A日程)に出願することができます。

複数回受験入学検定料減額優遇制度

複数回受験する場合、2回目以降の入学検定料を20,000円とします。

種類 減額
給付額 15,000円
対象者 複数回受験する者
時期・期間 出願時

子ども教育学部創設特別奨学金

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 入学金の半額相当額(115,000 円)ないし全額相当額(230,000 円)のいずれか
※全体の学習成績の状況等により、いずれに該当するかが決まります
詳細は本学入試部(TEL. 072-723-4480)までお問い合わせください。
対象学科 子ども教育学部 子ども教育学科
対象入試 2022 年度入試
総合型選抜 / 学校推薦型選抜(公募制推薦)/ 学校推薦型選抜(指定校推薦)/ 一般選抜
※専願合格・併願合格にかかわらず適用となります
時期・期間 入学年度の 4 月
条件など 高等学校の全体の学習成績の状況が 3.5 以上の志願者で、対象学科の対象入試に合格し、入学手続を済ませた者
※条件となる全体の学習成績の状況は、入学手続を済ませた入試を志願するにあたり提出された調査書に記載されたものを基準とする
重複採用 学外の各種奨学金制度や、本学既存の他の奨学金制度との重複採用(利用)が可能です。
[ 参考 ]
入学試験成績優秀者給付奨学金:子ども教育学部 子ども教育学科の場合 250,000 円(給付)
同窓生家族入学金支援制度:全学部・学科共通 115,000 円(給付)

大阪青山大学塩川学修奨励金

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 年額 100,000円
対象者 在学生(2年次生以上)
時期・期間 4月
条件など 各学科の2年次生以上で、人物に優れ、前年度の学業成績が
上位 4%以内の者

団野源一学修奨励金

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 1 名あたり 50,000 円
時期・期間 3 年次前期
対象者 健康科学部 健康栄養学科の 3 年次生で、学修態度が良く、成績優秀と認められた者

同窓生家族入学金支援制度

入学者の親又は兄弟姉妹が大阪青山学園(大阪青山大学・大阪青山短期大学)の卒業生又は在籍学生の場合、
入学金の半額相当額を入学後に支給します。
※「大阪青山短期大学」とは、短期大学と短期大学部の両方を指します

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 入学金の半額相当額
時期・期間 入学後
対象者 親または兄弟姉妹が大阪青山学園(大阪青山大学・大阪青山短期大学)の卒業生又は在籍学生である学生

教育後援会奨学金

大阪青山大学教育後援会就学援助給付金

種類 給付制(返還義務なし)
給付額 年額 300,000円まで
対象者 人物・成績ともに優秀で在学中に学資支弁者の死亡により家計が急変し、
学資の捻出が困難となった者
※詳細は後援会奨学金規定による
時期・期間 単年度限り(募集は随時)
条件など 家計、学力基準を満たしていること
申請手続き 詳細は、総務部(4号館 1階)にてお問い合わせください

日本学生支援機構による奨学金

1. 高等教育の修学支援新制度

2020年 4月より、「給付型奨学金」と「授業料等減免」の支援が受けられる新制度がスタートしました。

新制度の給付額・減免額

給付奨学金(月額:円) 授業料等減免上限額(年額:円)
支援の区分 自宅生 自宅外生 入学金 授業料
第I 38,300 75,800 ※230,000 700,000
第II 25,600 50,600 153,400 466,700
第III 12,800 25,300 76,700 233,400

※本学入学金額の 23 万円が、入学減免額の上限になります。

申込基準

・成績基準
高等学校等における評定平均値が 3.5 以上あることや、GPA(平均成績)等が在学する学科等における
上位 1/2 の範囲にあることなど、学業成績が一定水準にあること。
・家計基準
家計収入が一定基準以下であることや、生計維持者等の資産が一定基準以下であること。
○新制度の詳細や最新情報については、文部科学省のサイトhttp://www.mext.go.jp/kyufu/index.htm(外部サイト)をご覧ください
○日本学生支援機構のホームページに掲載している「進学資金シュミレーター」(外部サイト)で、家計基準において本制度の対象になるか否か、目安を知ることができます。

申請手続

本制度を利用するには、「申請」する必要があります。
また、継続して授業料減免制度の利用を希望する場合も半期ごと(9月・3月)に提出が必要です。
フォーマットはこちらから

2. 貸与型奨学金

種類 第一種奨学金(無利子貸与/返還義務あり)
第二種奨学金(有利子貸与/返還義務あり)
第一種奨学金 [最高月額]自宅通学:54,000 円/月、自宅外通学:64,000 円/月
最高月額の他、大学・短大とも、自宅通学:2〜4万円(1万円単位)、
自宅外通学:2〜5万円(1万円単位)から選択できます。
第二種奨学金 月額2〜12万円(1万円単位)から選択できます。
対象者 経済的な理由により修学に困難がある優れた学生
時期・期間 貸与開始月から卒業までの最短修業年限
条件など 家計、学力基準を満たしていること
申請手続

予約採用・・・入学前に高等学校または専修学校(高等課程)を通じて申込をするもの。
入学後、説明会を行い、応募書類一式を配布します。希望者は申込書に
必要事項を記入の上、学生課に提出して下さい。申請手続きをとります。

在学採用・・・春と秋に、在学生を対象として新規の奨学金希望者を募ります。
説明会を実施し、必要書類等を配布しますので希望者は申込書に必要事項を
記入の上、学生課に提出してください。申請手続きをとります。

緊急・応急採用・・・家計急変によるもの。随時対応。
学外奨学金のうち大学に募集があるものはその都度掲示しますが大学を通さず
独自に募集を行うものについては、各自で直接連絡をしてください。
(地方自治体奨学金 等)

新型コロナの影響を受けた方へ

令和 2 年度からスタートした【高等教育の修学支援新制度】をはじめとした、新型コロナウイルス感染症の影響で学びの継続が困難となっている学生・生徒の皆さまに関係する経済的支援制度をまとめています。
支援制度についてはこちら(文部科学省のサイトに移動します)をご覧ください。

提携教育ローン制度

本学では株式会社オリエントコーポレーション、株式会社ジャックスと提携した教育ローンを導入しています。
詳しくは下記ホームページでご確認いただき、手続きをとってください。

株式会社オリエントコーポレーション

Web 申込 大阪青山大学専用申込ページはこちらから
問合せ先 オリコ学費サポートデスク
TEL:0120-517-325(受付時間 平日 9:30 〜 17:30)

株式会社ジャックス

Web 申込 大阪青山大学専用申込ページはこちらから
問合せ先 株式会社ジャックスコンシュマーデスク
TEL:0120-338-817(受付時間 平日・土日祝 10:00 〜 19:00)

国の提携教育ローン制度

在学中であっても、国がサポートしている日本政策金融公庫「国の教育ローン」を利用することができます。
詳しくは、コールセンターやお近くの日本政策金融公庫にご相談ください。

・コールセンター  TEL:0570-008656
・ホームページ   http://www.jfc.go.jp/

その他団体の奨学金制度について

こちらからご確認ください。

奨学金担当窓口

4 号館 2 階 学生支援センター 学生課
電 話:072-724-1836(9:00 〜 17:00)
メール:syougakukin@osaka-aoyama.ac.jp

※奨学生の募集案内や奨学生への連絡はすべて大学サイト・学生課掲示板で行います。
掲示を見落として手続きをしないと、奨学生としての資格を失う場合がありますので、日頃から掲示板等を確認するようにしてください。