施設・設備

施設・設備

来室される皆さんに快適に過ごしていただき、また、新しい遊びの創造や子どもの心身の成長を促す環境となるよう、様々な工夫をしています。

子育て支援室はこんなところです

photo_1


  • 年齢ごとにふさわしい本がそろえられた「本の家」

  • 子どもの“考える力”を伸ばす各種知育玩具

  • ボールプールやバランスボールなど体を動かして遊ぶおもちゃも

  • 「本の家」は出入りも自由。中のスペースで思い思いの読書を楽しめます

  • 冬場もあたたかいホットカーペットエリア

子育て支援室の場所案内

キャンパス到着時の進行方向正面にある建物の 1F です。入口の階段(スロープ有)を上ってすぐ左手の引き戸を明けてお入りください。

学生の声

子ども教育学科 4 年(取材時)宮原 典子

宮原 典子 私立金光学園高等学校出身

子育て支援室では、子どもの遊びの発展を支え、いろいろなものに興味を持てるよう援助する活動を心がけています。そのため、保護者の方からたくさん話を聞き、子どもとの接し方や玩具選びなどに反映させるようにしています。また、ここでの活動を通して、学外実習では見ることのできない“ 子どもと親との関わり ”に触れることができ、子どもによって育つ環境がさまざまであること、親子関係と言っても多様な形があることを知りました。子ども一人ひとりを理解するための、貴重な経験と知識を得られたと思います。

子ども教育学科 3 年(取材時)谷野 古都

谷野 古都 私立鵬学園高等学校出身

「保育ボランティア部」の活動の一環で子育て支援室を利用しています。ここで色々な子どもと接したことが、学外でのボランティア活動での積極性につながりました。この部屋の環境や設備に見られる子どもへの様々な配慮を自分の知識として取り入れ、実際の関わりの中で活かしています。
学年が上がると、授業でもこの施設を利用し、保護者の方とお話しする機会も増えます。そうした経験を通して、子どもだけでなく保護者の気持ちを理解し、細部にまで気を配ることのできる先生になりたいと思っています。

ページトップへ