女子ソフト部、2018年春の交通安全への協力を呼びかけ

女子ソフトボール部員による「春の地域安全運動」キャンペーン」のお手伝い

「春の地域安全運動」週間(4/18~4/27)に入ることから、4月18日(水) 7:45から、箕面駅前で同キャンペーンのちらし(ティッシュ)配布が、箕面警察署主催で行われました。
 本学女子ソフトボール部員は、箕面市長、箕面警察署長、3人の小学3年生のチビッ子警察官らと一緒にキャンペーンのちらし配りをし、市民の皆様に「オレオレ詐欺・架空請求詐欺」、「子どもの犯罪被害」、「女性の犯罪被害」、「車上ねらい」、「ひったくり」等に注意するよう呼びかけました。
 最初は、急ぎ足で通り過ぎようとする出勤・登校途上の人に、ちらしを手渡すタイミングがとれずにいましたが、それでも予定より早く用意したちらしは配り終えることができ、市民の皆様へもアピールができたのではないかと思います。
作業終了後監督からは、「ただ何となくちらしを目の前につきだすのではなく、どうしたら受け取ってもらえるかを考えながらやりなさい。これは貴重な社会勉強だ。箕面市や警察署のお手伝いでやるのではなく、自分の為にやるのだということを考えなさい。」との指導がありました。

女子ソフト・交通安全 女子ソフト・交通安全
配布の様子

大学生としての勉強のほかに、クラブ活動、地域連携活動、ボランティア活動等、大活躍で忙しい日々を送ってくれている同部員を、応援していきたいと思います。
最後は、ゆずるくんも交えて、お手伝いした全員と記念撮影を行いました。

女子ソフト・交通安全 女子ソフト・交通安全

地域連携課


ページトップへ