技能五輪全国大会で受賞!

大阪青山大学短期大学部 調理製菓学科 調理コースを 2016 年 3 月に卒業した三浦 徹也 さん(大阪府立 能勢高等学校出身)が、中央職業能力開発教会(JAVADA)の主催する「第 54 回技能五輪全国大会」日本料理部門において、第 2 位の成績を修めました。
技能五輪全国大会は、各都道府県職業能力開発協会等を通じて選抜された原則 23 才以下の若者を対象とした技能競技大会で、青年技能者の技能レベルの日本一を競う場として注目を集めています。
日本料理部門では、「美しく手際よく、伝統の技と味に挑む」ことを競技のポイントとし、基礎的な調理技能が審査されます。
ここで受けた評価は、確かな技術を身につけてきた証です。
現在は「百万一心味 全国天地の会」会長大田 忠道氏がプロデュースする「有馬温泉 天地の宿 奥の細道」に勤務して料理の腕を磨いている三浦さん。今後のさらなる活躍が期待されます。

技能五輪全国大会 技能五輪全国大会
写真左は兵庫県大会でグランプリを受賞した時のもの。ここでの受賞を受け、全国大会へと進みました。


ページトップへ