学習支援室 教養ミニ講座のご案内

学習支援室がさまざまなテーマで実施する「教養ミニ講座」についてご紹介します。

教養ミニ講座とは

教養ミニ講座とは、2012 年度より学習支援室スタッフ、ゲスト学生や卒業生が講師となり、幅広い教養を身につけてもらうことを目的として企画された講座です。
主に、学生の集まりやすいお昼休みの 30 分間に開催しています。
また、2013 年度より先輩・後輩の交流の場となる “ 青山コミュニティ ” を行っています。

“ 青山コミュニティ ”

学習支援アシスタント(SA)が講師を務めます。
時には卒業生も招き、学習面はもとより、大学生活の素朴な疑問にも答えられる場を設定。
この場から、学びの連鎖が起こることが期待されます。

講座のテーマ

これまでに、
・学外実習のお礼状の書き方
・お箸の使い方
・ストレス克服法
・絵本の読み聞かせ法
などの講座を開講してきました。

昨年(2015 年)に開催したものの中から特色ある講座のいくつかをご紹介します。

昨年度実施講座より

Pich up 1.【青山コミュニティ】「楽しく覚える♪国家試験」(1 月)

卒業後に管理栄養士の国家試験を控えた SA が、これから学ぶべきポイントを後輩へ伝え、交流を行いました。
詳しくは study_supportでチェック!

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座
入念に準備を行い、笑顔で本番に臨みました

Pich up 2.「傾聴力を高めよう!」(7 月)

2015 年当時、運営委員であった子ども教育学科教授の梅林 厚子 先生を講師とし、カウンセリングにおいて大切な「傾聴」の講座を、二日間にわたり開催しました。
コミュニケーションを活動の核としている SA にとっては、とても良い研修の場にもなりました。
詳しくは study_supportでチェック!

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座
参加者は熱心に耳を傾けていました。後半はロールプレイングで傾聴スキルアップに取り組み中!

Pich up 3.【青山コミュニティ】「試験前!先輩、教えてください!!」(7 月)

試験が迫って来たこの時期に、先輩への質問ができる場を設定しました。
1 年次生にとっては大学で初めての試験です。不安を残さずに試験に臨んでもらいたいというスタッフの思いから企画されました。
詳しくは study_supportでチェック!

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座
1 年次生が、先輩に熱心に尋ねています

Pich up 4.【青山コミュニティ】「パティシエになるために今するべきこと」(12 月)

本学の卒業生であり、現在大阪青山大学短期大学部 調理製菓学科 製菓コースの助手として働く東浦 佑香 先生を講師に迎え “ 青山コミュニティ ” を行いました。
卒業後、パティシエとして働いた経験をもとに、学生たちにお話ししてくださいました。質疑応答も盛んに行われました。
詳しくは study_supportでチェック!

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座
学生の質問にゆっくり、優しく答えてくださった東浦 先生。最後は受講者との記念撮影を行いました

Pich up 5.【青山コミュニティ】「クリスマスを楽しもう」(12 月)

“ 青山コミュニティ ” には、先輩後輩の交流の他に、他学科間の学生同士の交流といったねらいも含まれています。
今回の講座は、まさに学科の垣根を超えるよい機会となりました。
当日は、三木 室長のクリスマスの意味についての話から始まり、SA やゲスト学生による絵本の読み聞かせなど楽しいイベントがありました。
詳しくは こちらでチェック!

学習支援室 教養ミニ講座
SA・ゲスト学生と講座の打ち合わせ

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座

学習支援室 教養ミニ講座学習支援室 教養ミニ講座
当日の様子

ページトップへ