学習支援室企画 第7回 発達障がい学生支援講演会

毎年、学習支援室では発達障がい学生支援講演会を行っています。

今年度は7回目にあたります。タイトルは「『感覚特性の理解と支援』& 規程に基づいた支援のあり方」です。講師は学習支援アドバイザーの榎本義文です。

講演の前半は障害学生支援規程に基づいた支援のあり方についてのお話です。

本学では今春から障害学生支援規程を施行し、障害学生支援委員会が発足しました。そのことを踏まえて、本学がこの規程に基づいて、障がい学生に対してどういった支援ができるのかについて説明されました。

後半は多くの感覚特性の具体例を掲げ、その理解と支援に関するお話でした。

いずれも大変勉強になる内容で、今後の学生指導に役立てたいと思います。(室長 三木慰子)

 
「室長から挨拶」                「熱く語っていただきました」

 
「学長も参加してくださいました」        「45名の教職員が参加」


ページトップへ