キャンパスマップ

大阪青山大学には 2 つのキャンパスがあります。

箕面キャンパス
学園本部をはじめ、多数の施設が集まるメインキャンパス
所在地:〒562-8580 大阪府箕面市新稲 2 – 11 – 1
大阪・梅田へは約 30 分、神戸・三宮へは約 50 分、京都を訪ねても約 60 分という便利なロケーションです。
北摂キャンパス
大阪青山歴史文学博物館や、体育館・グラウンド・テニスコートなどの運動施設を擁するキャンパス
所在地:〒666-0113 兵庫県川西市長尾町 9 – 8(体育館)
    〒666-0113 兵庫県川西市長尾町 10 – 1(大阪青山歴史文学博物館)
大阪・梅田へは約 40 分、最寄り駅からは徒歩 2 分です。

箕面キャンパス

キャンパスマップ

施設

本館・1 号館

本学に開学当初から建つ本館と 1 号館。実験室、演習室、図画工作室やML教室など、実習系の授業で使用する専門施設が数多く集まる建物です。地域の子育て支援を目的として一般の親子に開放する「子育て支援室」は本館にあります。

2 号館

時計塔が目印の、キャンパスで一番高い建物です。最上階には 300 人を収容する大講義室があり、そこから望む大阪の夜景は壮観です。また、学生が仕入れから調理・販売まで運営のすべてを担う学内レストランもここにあります。

3 号館

学生食堂、図書室など、全学生が共通で利用する施設が集まる 3 号館。食堂の南半分はガラス貼りの明るいテラス仕様で、学生たちの憩いの場となっています。

4 号館

大学開設に合わせて完成した、キャンパスで二番目に新しい建物です。教室、研究室、メディアセンターなどが入っています。また、教務部や学生課、進路支援課など、学生サポートに関連する様々な窓口が集まるフロアもこの建物にあります。

5号館_外観25 号館

2015 年 2 月に完成した一番新しい建物です。看護学科の授業や実習を行うための専門施設として、医療現場で実際に使われる最新機器を整備し、学生一人ひとりが十分に活用でき学習効果を高められるよう計画されています。

北摂キャンパス

施設

大阪青山歴史文学博物館詳細

様々な文化財を調査・研究・収蔵・展示する施設として1999年に開館した附属博物館。国宝『土左日記』写本をはじめ、重要文化財や重要美術品を含む約4,000点の美術品、約500点の工芸品を収蔵しています。広く一般にも公開し、地域の文化発信拠点としても貢献しています。

体育館詳細

バスケットボール、バレーボール、バドミントンなどができるアリーナ、各種トレーニングマシーンの揃うフィットネスジムに加え、シャワーやロッカールームも完備した本格的な体育施設。学生は無料で利用できるほか、会員制で一般の方にも開放しています。

テニスコート

全天候型のオムニサーフェスを使用した 4 面のコート。部活動や体育の授業で利用するほか、一般の方を対象としたテニススクールも開講しています。

グラウンド

野球やソフトボールの試合もできる、照明設備完備の多目的グラウンドです。部活動や体育の授業のほか、学内外のイベントなどに広く活用されています。

庭園

四季折々の花木に彩られる遊歩道、桜守として名高い佐野藤右衛門氏作の庭など、自然に囲まれたキャンパスならではの憩いのひとときを楽しめる空間です。

ページトップへ