大阪青山大学のめざす教育

夢に繋がる教育をめざし、タグラインを制定しました

グローバル化する現代社会の多様な課題解決に向け、大学教育には一層の高度化と質の向上が求められています。大阪青山大学はそうした期待に応えていくことを表明するために、この度「輝く未来へ繋がる教育」というタグラインを制定しました。

【タグラインとは】
校名とともに表記し、本学の教育方針やビジョンを常に提示します。向かう方向を学生や教職員が共有し広く社会へと発信することで、組織の「繋がり」を確たるものとし、学生の望む夢を実現する教育をめざします。

タグライン01

タグラインに込めた思い(タグラインのコンセプト)

タグラインページ03「輝く未来」とは、可能性に満ちた学生たちの行く先であり、望む姿。本学で得た学びや培った技術を活かして切り拓く、希望に満ちた将来のことです。実社会では職業的スキルや資格だけでなく、豊かな人間性も求められます。確かな職能と他者を支える心を持つ人材を輩出することが社会への貢献となり、本学の教育機関としての成熟に結びついていきます。「輝く未来」は社会の発展であり、本学の成長でもあるのです。

タグラインページ04「繋がる」とは大阪青山大学がめざす教育の姿。学生一人ひとりの夢を将来へ繋げる教育を行うことが本学の使命です。また、人と人が繋がる場となること、つまり学生と教職員、学生同士、さらには本学と社会が絆を築き上げていくことも、本学が果たすべき責任のひとつです。そのために教職員が繋がり、一丸となっていきます。これらの使命や責任を「結束(けっそく)」という意味を持つ漢字 「繋」に込めています。

タグラインページ02

ページトップへ