食べることが難しい方にも、「食の楽しさ」を味わってほしい。

管理栄養士畑 壮祐 さん

  • 社会福祉法人 愛徳会 大阪発達総合療育センター 勤務
  • 健康科学部 健康栄養学科 2014年3月卒業
  • 私立 大阪電気通信大学高等学校 出身

現在の仕事の内容は?

療育施設にて、障がいをお持ちの利用者の方の、給食の献立の作成や、栄養・食事指導を行っています。

大学で学んだことで仕事に活かされているものは?

「解剖生理学実験」では、人体の構造をより深く理解することができ、「レストランAOYAMA」や「給食経営管理実習」での大量調理実習では実践力をつけることができました。学外での「臨地実習」では実習先の病院で患者様との会話を通じて栄養・食事指導をすることにやりがいを感じ、現在の仕事を目指すきっかけになりました。大学での学び一つ一つが、噛んで味わうことが難しい方々にも「食の楽しさ」を知ってもらうための取り組みに繋がっています。

仕事でやりがいを感じる瞬間やうれしいことは?

脳性麻痺の方をはじめ、障がいのある利用者の方の為に、栄養価はもちろん、食形態によって使用できない食材などもあり、徹底した配慮が必要です。お子様の場合は、アレルギーにも気遣います。ペースト状にしてもおいしく、彩りもよくなるようになど、工夫を施してして作った料理を「おいしい」と言って食べてもらえるのがなによりうれしいです。

ページトップへ